2010年05月22日

国内合宿

5月1日から2日にかけて、国内合宿が太刀川記念館で行われ
ました。
朝9時に集合し、10時くらいからプレゼンが始まりました。
プレゼンマラソンというものが、はじめての経験で最初は辛かったけれ
ど、午後には楽しくなりました。
夜は韓国料理屋に行き、コースで色々なものを食べました。先生が流暢に
韓国語を話していたのが、印象的でした。
それからもプレゼンをやり、10時くらいに部屋に各自行きました。
2日目の朝8時くらいに朝食を食べ、私用で早退しました。
行きたくなくて仕方なかったけれど、とても楽しかったし、いい経験に
なったのでよかったと思ってます。

2年宮本江梨子


posted by masutanis at 11:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今までで一番楽しかった旅行

私は小学校1年から3年まで父親の仕事の関係でスイスに住んでいました。父がスキー大好き人間だったので週末になると私たち家族は毎週のように山へスキーに出かけていました。私はその週末のイベントがいつも楽しみでしたが、姉は「頭が痛い、足が痛い」などといつも何かしら文句を言っていてすんなりと参加したことがありませんでした。姉は私の嫌いなインドア派の人間だったのです。
そういうわけで、私が今までで一番楽しかった旅行ももちろんスキー旅行なのですが、それは4家族合同で行った一週間のマッターホルンでのスキー旅行でした。当時、私はスイスの日本人学校に通っていたのですが現地の日本人学校は子どもの人数が少なかったので学年関係なく家族ぐるみで仲良しだったのです。マッターホルンでのスキー旅行は私にとって初めてな体験ばかりでした。例えば、マッターホルンがあるツェルマットの町には排気ガス規制があり、一切の排気ガス自動車の進入を禁止しているため、私たち一行はツェルマットに入る手前の町からツェルマットまで車ごと電車に乗ります(この時点で車のエンジンを止めているため、排気ガスで町が汚れる心配はありません)。ツェルマットに着くと自家用車を専用駐車場に停めて、私たちは電気自動車に乗り換えます。これらの体験に幼い私の好奇心を掻き立てられ、完全に心を奪われました。ホテルは私たち家族と他の3家族で分かれて宿泊したのですが、夜は3家族が泊っている方のホテルに集まって憩いのひとときを過ごしました。その時にスキーガイド(旅の最初から最後まで付き合ってくれる専属スキーガイド)の一人である谷さんが子どもたちにトランプマジックを披露してくれるのを見るのがとても好きでした。結局最後はちゃんと種も教えてくれるのでその後、私たちの猛特訓が始まりました。そこでものにした数々のトランプマジックをそれからしばらくの間学校で友達と披露し合いながら旅の思い出を噛みしめていたように思います。
スキーに関していうとマッターホルンの上の方からイタリア側へ行きスキーで国境を越えたことや、越えた後にいつも見ているマッターホルンを裏側から見ることの出来るスポットに行き景色を楽しみながら滑ったこと、10センチ先も見えない悪天候の中私たちグループしかおらず泣きべそをかきながら滑ったこと、誰も足を踏み入れていない新雪を滑り降りたこと、ガリガリに凍った斜面を自分の恐怖心と闘いながら滑り降りたことなど、その全てが今もなお私の心の中に鮮明に焼き付いています。赤いスキーウェアにペンギンの帽子が私のトレードマークだったのですが、リフトを待っている時にスイス人に「ペンギン帽似合うわね、可愛いわ」と褒められてうれしかったことなどもこのレポートを書きながら懐かしく思い出されました。両親もゲレンデでは、ペンギン帽で私の存在確認をしていたようです。
スキーガイドには谷さんの他に河野さん、柿沼さんがおりこの旅以外でもその後何度かお世話になりました。その時は年の離れた河野さんと柿沼さんがまさか結婚するなんて誰ひとりとして予想していなかったでしょう。私たちが日本に帰国し何年か経ったある日、届いた一通のハガキには「結婚しました」の文字があり、それを見た時に私は子どもながらに心の中に広がる温かいものを一人で噛みしめたような気がしました。最終日の夜、皆で夕食を食べたのですが、そこで私たち子どもはスキーガイドの皆さんから、名前入りの小さなサバイバルナイフを一人一人にプレゼントされました。今も大事に持っています。
こうして旅の思い出が文字にすることでより鮮明に蘇ってくると、河野さん夫婦は相変わらずらぶらぶなのか、あの時若かった谷さんももう結婚したのだろうか、スイス日本人学校にいた皆は元気だろうかなどとすごく懐かしい気持ちと皆に会いたい気持ちでいっぱいになります。この旅での経験、そして思い出はこれから先も私の中にとどまり続け私の人生を豊かにする肥やしとなってくれることでしょう。
                            2年 FS
posted by 09ふむろ at 11:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿5/1〜5/2

一日目
8:45に太刀川記念館前集合。10時くらいからプレゼンが開始された。このプレゼンというのは、自分がこれから研究テーマとしていく内容を皆に分かりやすく伝えることが目的とされる。それぞれのテーマはとてもユニークな内容のものが多く、興味深かった。お昼休憩をT時間ほどはさみ、またプレゼンが再開された。私は14時〜17時まで池袋で旅行業講座を受講しているため途中で抜けたがその後もプレゼンは続いていった。帰ってくると丁度夕食の時間だったため、一端プレゼンを切り上げ、皆で志木のShimachuの近くにある韓国料理屋さんに入った。2500円のコースで次から次へと運ばれてくる韓国料理。私は、皆が座っている座敷の隣のテーブル席に他の女子と5人で座った。なんとまぁ女子5人組の食べ物に対する執着心はすさまじかった;わいわいおしゃべりをしながらおもしろい程にお箸が進みあっという間に食べ物がなくなっているというがっつきっぷり。舛谷先生からも「食いしん坊キャラ」の称号をいただきました♪お腹もいっぱいになったところでまさかのデザートターイムっっ!皆でいなげやに行き、アイスを買った!舛谷先生ご馳走様です(>_<)それから太刀川記念館に戻り、残りの3人のプレゼンをやり、本日の活動終了。手際の良さにより、一日で全員分のプレゼンを終えることが出来た。

二日目
8時に朝食。宿泊費+500円で朝食を食べることが出来る。この日のメニューは煮物、焼き鮭、マカロニサラダ、ご飯、味噌汁という和食。朝から気持ちがほっこりし、良い目覚めであった。朝食を済ませ、10時にチェックアウト。その後、立教大学5号館6階の広い会議室に移動。そこでICTのプロジェクトに参加している人は自分のパソコンに"UBUNTU"や変換ソフトの"kasumi"をダウンロードした。USBが2つしかなかったり、ダウンロードに時間がかかったりで、なかなか全員に回らなかったのだが、先に終わった人がまだ終わっていない人にダウンロードの仕方を教えたりと協力することで何とか全員のマイ パソコンにそれらのソフトを入れることが出来た。そんなこんなでゼミ合宿、終了ー。
                           2年 SF
posted by 09ふむろ at 10:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が今までで1番楽しかった旅行!

これ初ブログです!
今日はわたしが今までで1番楽しかった旅行について書きます。わたしが今までで1番楽しかった旅行は中学3年生の時に行ったカナダ旅行です。個人的にとかではなく、市町村の派遣事業でいってきました。わたしの行った年が、ちょうど市町村の合併の年で参加人数が大幅に増えた年だったので、一緒に行った同年代の友達も多く、その友達との思い出もたくさんあったから、おそらく単純に海外旅行だから、という理由だけでなく他のどの旅行よりも印象に残った旅行になったのだと思います。
まず初めに飛行機に乗ったのも初めてだったので、離陸の時の浮遊感を想像してわくわくしたり、飛行機の中は暇だろうから何か暇つぶしの道具を持っていこうと考えて、考え抜いた結果爪磨きのシートを持っていきました。実際、友達としゃべっていたというのもあるけれど、飛行機の中って実際映画や音楽やらいろいろあって逆に爪磨きはあんまりしないで済みました。おにぎり、カップヌードル、飲み物が無料で無限に飲めるのにはとても感動しました。
そして、ついに人生初の海外の地に降り立ちました。空港がめちゃくちゃ大きくて驚いたのをすごくよく覚えています。カナダの町をホテルまでバスで走っていると、バスガイドさんがカナダについての豆知識みたいなものをいくつか教えてもらいました。カナダの都市であるトロントは人種のモザイクと呼ばれているとか、トロントの人口の50%はカナダ外で生まれた人だとか。ホテルに戻っても日本と違うところがいっぱいあって写真を撮ったり、添乗員さんに話を聞いたりして過ごしました。
次の日からはホームステイでした。2人くらいづつに分けられて一般の家庭に3日間お世話になりました。わたしのお世話になった家族は、お父さんとお母さん、高校生のお姉ちゃんと中学生の妹の家庭でした。1日目の夜にボーリング場にみんなで遊びに行ったら、ホームステイ先の家族同志が相談し合って決めたらしいのですが、一緒に日本から来た友達がたくさんいてなんか照れくさいような変な感覚でした。二日目はスーパーやショッピングモールにいきました。ここでもやはり日本と違うところがたくさんあって、そんなところを見つけるたびに感動していたのをよく覚えています。3日目はホームステー先の子供たちの通っている学校にいって1日過ごして、ホームステイを終わる、というプログラムでした。学校も日本より自由な感じがしてすごく新鮮でした。別れる時はやっぱりぼろぼろに泣きまくったけど、外国の家族に交じって普通の生活を数日間過ごして、学校みたいな日常を体験できたのはすごく貴重な体験でした。普通に旅行に行っても体験できないような、外国での「普通」の日常はわたしたちにとっては普通ではないので、もしかしたら普通に観光地を巡る旅行よりも海外を満喫できたのかもしれません。
次の日からは、主に観光地巡りだったのですが、CNタワーに上ったりナイアガラの滝を見たり、いわゆる観光地ってものをいっぱい巡りました。やっぱり有名でみんなが行きたがる観光地だけに、見ごたえはあったし感動もしました。これがあの有名な○○かあ〜って感じで、そういう意味での感動がありました。
最終日、1週間であったことをいろいろ思い出して、短かったけれどすごくいろいろ凝縮された1週間だったと思いました。たくさんの人との出会いもあって、ひとつひとつがとても濃い思い出です。
人との出会いでよく覚えているのは、わたしがホテルのカードキーをもっている友達とたまたま別々に行動していてエレベーターに乗れないで困っている時のことでした。(そのホテルはカードキーがないとエレベーターに乗れない)ホテルの職員さんたちがわたしを助けてくれようとして英語のあまり分からないわたしに親切に簡単な英語でしゃべりかけてくれました。それでもテンぱりまくっていたわたしはあまり四苦八苦してようやく友達と合流できたのですが、その時の切なかった気持ちをくみ取ってくれて助けてくれたホテルの人たちのことは今でもよく覚えています。
それとあとひとつ、食べ物に関してわたしがすごく印象に残っている、というのがあります。日本で食べるハンバーガーとカナダでたべるハンバーガーはやっぱり種類も違ったし、味も全体的に濃く、日本で食べる外国食はやはり日本人の舌に合うように改良されていたんだとその時改めて感じました。これは日本にいたらたぶん気付かないし分からないことだと思いました。
数年経った今、その旅行について客観的に考えると日本との違いを発見するような旅でした。自分のいままでの価値観を一気に覆された旅だったから印象に残ったとも言えるんだと思いました。


                         2年 阿部
posted by 09あべ at 02:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ゼミ国内合宿

5月1日〜2日ゼミの国内合宿を行いました。
基本的にはパワポで個人テーマの発表を行いました。

9時にはみんな集合していましたが、実際に始まったのは10時くらいでした。
僕は「フリーメイソンとアジア諸国の関係」について発表しました。
みんなの発表も面白かったです。

一番面白いと感じたのは、水本さんと宮本さんの航空系の発表でした。

発表は6時半くらいで中断し、夕飯を韓国料理屋のチャングムに食べにいきました。とっても汗をかいた気がします。

再開して夜は11時までプレゼンを行い、全員終えることができました。

次の日はnetbookにLinuxをインストールしました。これもなかなか手こずりましたがなんとかみんな終えることができてよかったです。

2年 関口諒佑
posted by 09せきぐち at 18:02| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原フィールドワーク

4月30日に秋葉原へ行ってきました。
自分は秋葉原に行くのは初めてだったのでとても楽しみにしてました。

集合は秋葉原クロスフィールドでした。
文室さんと一緒に行ったのですが全く場所が分からずフラフラしましたが、無事につくことができました。

集合時間まで時間があったのでヨドバシでイヤホンを新調しました。
オーディオテクニカのを買いました。

先生と合流してまずはラジオ会館にて噂のレンタルショーケースと対面しました。そこにはフィギュアやコミック、ピアスまでいろいろ売られていました。
ショーケースひとつのレンタル代も意外とリーズナブルで驚きました。
スーパードールにも本当に驚かされました。

その後からは中古ロード、DOS/V通りを行きながら、netbook探しに入りました。
そこでも路上にマウスやキーボードが売られていたり、あきばぉーがあったり、おでん缶があったり、先生がケバブで昼食を済ませていたり、がちゃぽん屋あったり、秋葉原にしかあり得ない光景を目にすることができました。

途中に竹むらというお店で休憩しましたが、その竹むらを含めその辺りは歴史的建造物多くみられました。有名な下足番のおじさんがいる所もありました。今は使われていない駅などもありましたが、それは東京駅を作った人と同じ人が作ったそうです。

その後は池袋に移動して全員分のnetbookを買うことができました。

とても楽しい一日を過ごせました。
netbookいじり倒したいと思います。

2年 関口諒佑
posted by 09せきぐち at 17:39| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内合宿in太刀川記念館

 5/1、2に太刀川記念館にて国内合宿を行いました。
 主な活動内容としては、パワーポイントを使っての個人テーマのプレゼンでした。1日の朝8時30分に新座キャンパス横の太刀川記念館に集合し、9時過ぎからプレゼンが始まりました。私は今までにプレゼントいっても短時間のものしかやったことがなく、長い時間ずっと他人のプレゼンを聞き続けるという経験もなかったので今回のようなプレゼンマラソンは大変でした。
 一日目で全員のプレゼンは終わり、夜はみんなでチャングムという韓国料理を食べにいきました。少し高かったですが本格韓国料理をいただくことができました。
 ゼミ生での活動は秋葉原フィールドワークについで2つ目でしたが、みんな徐々に仲良くなってきたように思います。

佐々木太一
posted by 09ささきた at 17:24| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内合宿 二年 田中諒

月一日から二日のお昼にかけて、国内合宿を行いました。
今回の目的は、それぞれの研究内容のプレゼンテーションと先日の秋葉原フィールドワークで購入したノートブックのリナックス作業でした。

朝の九時頃に新座の立川記念館に集合し、早速プレゼンを開始しました。持ち時間は一人15分ほどなのですが、初めてのプレゼンということもありとても緊張しました。お昼と3時ごろに30分ほどの休憩をはさみ、その休憩時間にパソコンのリナックスを進めるという形で進行していきました。夕食の時間になると、志木の「チャングムと」いう韓国料理店でコース料理を食べました。帰りにいなげやで先生にアイスを買ってもらいました。ありがとうございます。その後も何人かプレゼンをし、リナックスヲしていたのもあり、終わったのは24時ぐらいだったと思います。
一日目で全員のプレゼンが終了していたので、二日目はICTのリナック作業のみになりました。私は一番最後に作業を完成させることができました。

プレゼンの準備が大変でしたが、大変充実した二日間を過ごせたと思います。
posted by 09たなかり at 17:05| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原フィールドワーク

秋葉原フィールドワーク
 4/30金曜日に秋葉原へフィールドワークに行ってきました。
秋葉原にはまだ行ったことがなく、どんなものがあり、どんな雰囲気の町なのか、当日がとても楽しみでした。
集合場所が「秋葉原クロスフィールド」という場所だったのですが、何所かわからず、到着するのにとても苦労しました。
 先生と合流し、まずラジオセンターというところへ入りました。そこには私はみたことがないようなたくさんの電子機器があり、普段とは全く違った世界を感じました。
続いてラジオ会館に入りました。そこには私がイメージしていたような、フィギア、カード、コミックなどの秋葉原っぽいものがたくさんありました。レンタルショーケース、スーパードール、パソコン発祥プレートもそこで見ることができました。
image/2010-05-06T17:14:441
<パソコン発祥プレート>

ラジオ会館の後に、2万円以下のパソコン探しが始まりました。しかし良い条件のパソコンはあまり多くなく、DOS/V通り、中古ロードなどで購入できたパソコンは少なかったですが、いろいろと面白いものがたくさん売っており、メイドさんと話せたり、充実した時間を過ごせました。そこでおでん缶を買うことはできなかったのですが、がちゃぽん会館のレンタルショーケースで、佐々木君とピアスを買うことができました。

ある程度ネットブックを探し終えた後、万世橋に行き、空襲から免れることができた建物などをみにいき、途中で「竹むら」という甘味処へ行き、和スイーツを味わうことができました。
image/2010-05-06T17:14:444
<佐々木君、関口君、竹むらにて>

竹むらで休憩した後、池袋にあるビックカメラアウトレットへ向かいました。そこで8台のネットブックを手に入れることができ、今回の目的を果たすことができました。

秋葉原を満喫し、パソコンも手に入れることができてほくほくで家に帰ることができました。

田中諒
posted by 09たなかり at 16:58| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原フィールドワーク

 4月30日(金)にゼミでの初めてのフィールドワークに参加しました。場所はオタクの聖地秋葉原。今回のフィールドワークのメインの目的は、ICTプロジェクトのネットブックを購入することでした。
 13時に秋葉原クロスフィールドUDX2階AKIBA_INFO.に集合。秋葉原なんてめったに行かないので迷子になりそうでした。舛谷先生は会議が長引き遅れるとのことだったので、まず生徒だけでヨドバシカメラに向かいました。
 先生合流後まずラジオセンターに行き、見たこともない細かい電気部品たちにバッグをぶつけないようあくせく。先生談によると、立教大学もPC関係のコードとかをここで特注で作ってもらっているそうです。
 次に向かったのは今や世界的に有名なアキバの代表的観光スポットであるラジオ会館。7階にはパソコン発祥プレート、レンタルショーケースなどがありました。
image/2010-05-06T17:13:305image/2010-05-06T17:13:304

写真はパソコン発祥プレートと、関口くんとショーケース

 その後は中古ロード、DOS/V通りの行き、格安のネットブックを探しました。通りにはおもしろいものがたくさん売られていて飽きることがありませんでした。商品に見入っていると舛谷先生はすぐに次の店に行ってしまい何度も見失いました。先生は完全にアキバの一部でした。僕を含め男子生徒たちはメイドさんたちに手を振ることに勢いっぱいせした。
 自由時間にはがちゃぽん館で、田中諒くんとおそろいのピアスを買いました。ちなみにレンタルショーケースで購入したのですが、専用の紙に棚番号、商品番号を書いてレジに持っていくという購入方法でした。
 だいぶ歩き疲れたところで、竹むらという甘味処でお雑煮をごちそうになりました。竹むら周辺の建物は奇跡的に空襲を免れた建築物でもあり、昔ながらの建物や景観が残っていました。
 秋葉原ではあまりよいネットブックがなく、池袋ビックカメラアウトレットでの購入となりました。
 ゼミで初めてのフィールドワークでしたが、2年同士親睦も深まりとても楽しかったです。

佐々木太一
posted by 09ささきた at 16:54| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。