2017年06月26日

東京ジャーミー フィールドワーク

20170622_190835.jpg 6月22日の夜に東京の代々木上原にある東京ジャーミー・トルコ文化センターのフィールドワークに行ってきました。

現在イスラム教はラマダン(断食)の時期で、日の出から日没までは飲食を禁止されています。東京ジャーミーではイフタールという食事を日没後に無料で信者や
関係者に振る舞うイベントを行っていて、ムスリムでない人も予約をすれば無料で食べることが出来ます。

19時から始まる食事の前にモスクに入り礼拝を見学しました。収容人数は800人ほどで日本最大のモスクです。その日は日本人の見学者を含めて200人程だったでしょうか。トルコ人を中心に中東や北アフリカにルーツを持つと思われる方から、インドネシアの方やサハラ以南のいわゆるブラックアフリカと呼ばれる地域の出身と見受けられる礼拝者の方もいました。さらには日本人のムスリムも礼拝をしていて、印象に残りました。東京ジャーミーによれば、日本に住むムスリムの1割は日本人とのことでした。イスラム教が世界宗教であり、民族や地域に限定されない宗教であることを、自分の目で見ることが出来ました。

礼拝の見学を終えると食事を頂きました。プレートに4種類の料理を盛って頂いて、男女別に分けられた席で食べました。メニューはキュウリを使ったシーザーサラダとスープ、カレー、ライスでした。食事を会場でも色々な国籍の方が料理を食べに来ていました。礼拝に参加せず食事だけにきた非ムスリムの方も多かったです。欧米人や日本人などの非ムスリムがムスリムの人と同じ机で談笑しながら食事をするという光景も見られました。

今日、シリアやイラクなど中東を中心とした紛争がテロなどの形で世界中に伝播していて、国際情勢は大変深刻だと言われています。ただ、イスラム教や中東は危険だとかロンドンやパリへ行くのはテロが起こるから危険だとかいうような風潮が以前に比べると減りましたが、いまだに残っている部分もあると思います。パリやロンドンでテロや暴動が起こるとその地域しか報道せず、まるでその地域全体が壊滅的な状態であるような伝え方をするメディアもありますが、シリアやイラクで同規模の事件が起こっても、報道する量が少ないメディアが多いです。先日、サッカーW杯予選のオーストラリア代表対サウジアラビア代表の試合で、ロンドンのテロに対する黙祷をサウジアラビア代表が拒否しました。これはサウジアラビア側がロンドンで起きるようなテロが中東では頻発しているのに報道しないことへの怒りだと言われています。だからこそ私達は物事の本質をこの目で見る必要があるのだと思います。今回東京ジャーミーに見学に行って、地域や宗教、民族から生まれる先入観に縛られず柔軟な姿勢で学ばなければならないと思わされました。


2年 奥村
posted by masutanis at 14:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

屋形船FW2017

IMG_7312.JPG5月15日、私たちは新歓行事として上級生と合同で屋形船FWを行った。
新木場駅から無料送迎バスに乗り乗合場に行き、19時半頃に出港した。船の天井は低めであり、乗船するときに少しかがんでいる人もいた。中の机には鉄板が設置されていて、もんじゃやお好み焼きだけでなくドリアやチャーハンも食べ放題で、デザートもんじゃというものもあり歴史ある屋形船の現代化を感じた。船からは、レインボーブリッジやフジテレビ、東京タワーをいつもとは違う角度から見ることができ、とてもきれいだった。中には工場夜景のような景色を見れた人もいた。一方で食べ放題に夢中になってしまって景色を十分に見れなかった人もいた。その後のゼミで、解決策としてバスツアーのような解説が必要だという声が上がった。来年は私たちで自主的にガイドを企画しようか考えてみたい。
普通の宴会より高価で時間も足りなかったが、一般的な屋形船よりも半額ほどの値段で楽しむことができて貴重な経験となった。また気候もちょうどよく風が気持ちよかった。私も先輩たちのように今年感じた点を来年に生かし、新2年生により楽しんでもらえるような企画をしたい。
2年福田
posted by masutanis at 15:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

新座市の伊豆殿行列に参加して

私は新座市にある平林寺で毎年開催されているお祭りのプログラムの一つである、伊豆殿行列に観客側ではなく、行列する側として参加した。

最初にこのことを舛谷先生から告げられたときは、正直、それっぽい恰好をして、ただ歩くだけか、と勝手に自分の中で思っていた。しかし、行列の前に行われた事前学習会で、新座の自治体の方から新座市の歴史に関するお話を聞き、今までほぼ知らなかった新座の歴史を知るにつれ、これはただ昔のコスプレをして道を歩くだけのものではないなと考えを改めた。

そして当日何よりも私が驚いたのは、お祭りに来ている人たちの伊豆殿行列への注目度の高さである。私のイメージでは、市内で行われる祭りというものは、みんな屋台に夢中であり、他に人々が関心を持って見るものといえば、神輿くらいのものである。少なくとも私の地元の祭りはそうである。しかし、一度伊豆殿行列が始まれば、お祭りに来ている人たちは屋台に見向きもせず、多くの人がカメラやスマホを構えながら、行列を見物しているのである。しかもただ見ているだけではなく、(主におばさまから)歓声があがったりもする。これは、私にとって、かなり衝撃的なことだった。さらに驚きであったのが、観客の年齢層は、小さい子供から、高齢の方まで色々で、幅広い年代の人々が行列を熱心に見ていた。私はその姿を行列をしながら見て、新座市は市民からとても愛されている街なのだなと感じた。

今回の伊豆殿行列に参加して。新座市の歴史をよく知れたことはもちろんだが、市の自治体と市民との関係性について、まちづくり・社会連携のサブゼミ長として、今後の社会連携の活動に生かせることが沢山あるな、と感じた。

高柳陽太
posted by masutanis at 14:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

平林寺半僧坊大祭 伊豆殿行列に参加して


舛谷先生の紹介により思いがけず参加することとなった平林寺半僧坊大祭の伊豆殿行列。正直なことを言うと、これまで新座市の伝統行事や歴史に目を向けたことはありませんでした。しかし、事前学習会や当日の行列参加は、私自身住み始めて3年目となるこの街について学べ、同時にこの街にもっと興味を持つきっかけにもなりました。

そもそも平林寺半僧坊大祭とは、毎年4月17日に行われる新座市の祭です。臨済宗妙心寺派別格本山である平林寺の行事の1つで、半僧半俗の姿をした摩訶不思議な神通力を持つ守護神を信仰する、という目的があります。

そのような大祭の中で行われるイベントのひとつでる伊豆殿行列とは、新座市の野火止用水開発に着手した松平伊豆守信綱をたたえ、彼や小畠助左衛門ら20名ほどの仮装をし、平林寺大通りを練り歩くというものです。

当日の参加を前に、新座市観光ボランティアガイド協会の方々のご厚意により事前学習会を開いていただき、実際に野火止用水開発にまつわる歴史や現在の野火止用水の姿を見ることができました。350年ほどの時を経ても未だこの新座市に流れる用水を見て、この街が持っていた歴史を感じることができました。

また少しだけですが、事前学習会の日程決めや当日の行列の準備などを経て、こういった伝統的な行事やお祭りを開催させることの大変さと、伝統や歴史を後世に紡いでゆく大切さを、少しでも身をもって経験できたことは、自分にとってとても貴重な財産となりました。

新座市に住む、もしくは新座市にまつわる人々にとって、知っておくべき大切な歴史を、風化させることなく伝承させてゆく役割を持つこの祭に、こうして少しでも携われたことをとても嬉しく思います。そしてこの祭を機に知ることのできた新座市の知られざる様々な魅力を、自分から次々発信していけるように努めたいと思いました。



横須賀征
posted by masutanis at 21:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

屋形船FWまとめ

私は今回の屋形船FWを行うに当たって、少し屋形船のことについて調査をしたのだが、実際に乗ってみると、事前の調査だけでは知ることができなかったことを沢山体験することが出来た。今回はそれを簡単にまとめていこうと考える。
屋形船に乗ると聞いたときまず私は、屋形船のような小型の船の中で食事をして、乗り物酔いをしないのか。という疑問を抱いた。しかし、そんなことは全くなく、参加者五十人のうち一人も乗り物酔いを訴える人はいなく、快適に船の旅を終えることが出来た。
しかし、私たち学生にとってネックとなるのが、金額である。そのため今回は一番安いであろうもんじゃ焼きとお好み焼きが提供される屋形船に乗った。
もんじゃやお好み焼きの味はおいしく、とても満足出来るものであったが、そこで問題になってくるのが暑さである。五十人乗りの船の十卓程あるテーブルに一つづつ鉄板が設置されておりそこで自分達で焼くのだが、初夏の暑さになっていたこの日はただでさえ蒸し暑かったのに加えて、鉄板の前に向き合うとなると流石に、風情があるという状況を超えていたように感じた。
そのことについて後のゼミで意見を求めたところ、時期を早くしたらいいのではないかという貴重な意見が出た。例えば、ゼミの新歓で4月に六大学野球を見に行くときの夜に屋形船に行くといったようなものだ。
私は来年このFWのリーダーとなるのだが、その際、このような意見を積極的に取り入れ、FWがより良いものになるように計画をしたい。
高柳陽太
posted by 15たかやなぎ at 14:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

秋葉原


人生初の秋葉原。
”ヲタクが集まる街アキバ”そんなイメージが大きかった私には初めて訪れた秋葉原は驚きの連続であった。
5月1日、ついに私は秋葉原に立った。
駅に着いて驚いたのは海外の人の多さである。
アジア系の人だけでなく欧米人もたくさん訪れていて、秋葉原は日本の代表する観光地であることを身を以て感じた。
秋葉原で私たちが最初に入ったラジオ会館では、見たことのないものがたくさん置いてあった。
私の顔はきっと海外の人と同じように物珍しい顔をしていただろう。
ドールや戦車、アイドルグッズなど様々なマニアックな商品が所狭しと置いてありアキバ文化を理解できた気がした。
その後ジャンク通りを歩いたがどのお店も激安製品ばかり置いていて、夏に行ったカンボジアの市場を思い出した。
日本の、しかも都内にこんな場所があったなんてと衝撃的であった。
ところで、秋葉原を散策していて気付いたのだが飲食店が多い。ふと見上げるとラーメン屋さんの看板があちこちにある。
アニメのようなオリジナルキャラクターが描かれた看板もあった。
秋葉原は食の街としても発展しているのかとここでも驚いた。
今回のフィールドワークで今までイメージしていた秋葉原はもちろんあったが、それ以外にも新たな発見がたくさんあった。
日本を代表する観光地”アキバ”として今後のさらなる発展に期待する。


北條
posted by masutanis at 15:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

2016 5/1 秋葉原FW

 私にとってこのゼミでの初めてのFWとなった秋葉原FWは、自分が想像していたよりも刺激的で、印象に残るものとなった。朝11時にJR秋葉原駅の改札でまず私は、秋葉原駅で降りてこれから街へ向かおうとしている人達に、何か目的をもっているような雰囲気を感じた。もちろんその時は休日の午前中であり、どのような場所でも皆買い物や観光など目的があって行動していると思うのだが、今まで秋葉原に個人的に訪れたことのなかった私は、秋葉原駅に降り立つ人達に何かエネルギーのような類のものを感じた。
 そんな感覚を抱きながら、私たちはまずラジオ会館に向かった。そこには今まで私が見たことのない世界が広がっていた。まず私たちが目にしたのはショーケースに入った多くの人形たちである。そのときの感情はうまく言葉に表せるようなものではないが、何か自分が異空間に入ってきたような若干の恐怖を感じた。それらはほとんど自分の好きなようにカスタマイズできるようになっており、何万通りものパターンが考えられるほど、それぞれのパーツが事細かに分類され、販売されていた。その他にも数多くのアニメをはじめとするフィギュアなどが売られており、どれも大量生産が不可能ではないのだろうかと思うほど、手のかかったものばかりであった。そこで私はそれらの商品を目的にここにくる人々がどのような人々なのだろうかと考えたとき、「個性」というワードが思い浮かんだ。ここに来る人に、自分だけのこだわりを持ったものがもほしいという概念が根底にはあるのではないかと考えたからである。秋葉原が今多くの観光客でにぎわっているのはこのような「個性」を求められる場所が多い、ということが一つの理由として挙げられるのではないかと思った。多くの製品が大量生産され、大量消費される現代において自分だけのものを求めたいという欲求が生まれるのは自然なことであると思う。また、彼らにたとえそのような欲求がないとしても、アニメ、という架空の世界はこの現実世界でどのようにも解釈することが出来るため、解釈の数だけストーリーが生まれる、という意味で自然と個性を求めることが出来るし、またラジオ会館でも販売されていた同人誌などは、その一面を支える存在となっているのではないか、と思った。ここではラジオ会館を取り上げたが、そのほかにも秋葉原で見た電気街、メイドカフェ、などは秋葉原という街の、他との差別要素だと思う。このような他とは違う街、というイメージが秋葉原に、そして来る人にも特別感を与えている要因になっているのだろうかと思い、朝秋葉原で見た人々の感覚を少し理解できたような気がしたのはこのFWが自分にとって意義のあるものとなった証拠ではないだろうか、と考えながら初めてのFWを終えることになった。
 今回のFWではICTメンバーの一員としてd-tabというdocomoのタブレットを貸与していただいた。私は電子機器に弱く、苦手意識がかなりあるが、克服し、使いこなせるようになりたいと思った。
2年 有賀
posted by 15ありが at 22:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

秋葉原の不思議

アニメや電化製品の街として名高い秋葉原。
そのわずかなイメージだけをもってその地に立った。
なんてカオスなところだろう!というのが正直な最初の感想だった。
アニメキャラのポスターが一面に張られたアトレ。秋葉原のシンボルともいえるラジオ会館。
そこに向かい合う”イマドキ”のお店ともいえるパブロ。
少し路地に入ると、海外の露店を思わせる電化製品の店が所狭しと並ぶ。
新旧入り乱れた、混沌、というには少し明るい印象を受けた。
ラジオ会館の中では、思ったよりも多くのインバウンドを見かけた。
彼らは買い物に来ているのではなく、「日本の有名なところの一つ」を「見に」来ているように感じた。
実際にカメラを首から下げ、商品を手に取ることはなく見て回る外国人も見かけた。
それはラジオ会館の中だけではなく、秋葉原全体に言えることだと思う。
秋葉原の奥は、さらにマニアックなものが立ち並ぶ店が軒を連ねる。
ここでは、駅前に比べて新旧の「旧」のほうが多いと感じた。
駅に近くなるにつれて、新旧の入交が大きい。今後秋葉原はどう変わるのだろうか、行方が気になる。
ところで、その後自分で万世橋のあたりを訪れた。
古い橋の手前はおしゃれな空間。橋の向こうはカオス。
しかもおしゃれな空間(神田)から、日本のマニアックな部分がチラチラと見える。
やっぱり、秋葉原は不思議な場所だと感じた。
山中
posted by masutanis at 12:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

秋葉原FW、国内合宿を終えて



私は、漫画やアニメにあまり興味がなく、秋葉原に行くのも初めてだった。行く前のイメージとしては「オタクが集まる場所」というものが強くて、私自身アニメや漫画に詳しくないのもあって秋葉原という場所自体に苦手意識が強かった。

降り立ってすぐ、ラジオ会館へ向かった。8階から1階へと見て回ったが、どのフロアもマニアックで私にはわからない世界でとても驚いた。私はアニメイトには行ったことがあったため、秋葉原のラジオ会館もその延長でグッズや漫画が大量に売られているんだろうなと思っていた。しかし、実際に売られていたものは既製品だけでなく、自分でフィギアや人形を作るための細かい部品や、色付けするための絵の具など、自分の想像を超えていた。買っている人は男性が多く、女性の姿はあまり見かけなかったことが印象的だった。自分でいちから作ることができる人形の洋服の中で私たちの洋服と同程度の値段がするものがあってとても驚いた。事前の授業で初めて知ったレンタルケースというものがが並ぶところもあったが、思っていたより少なかった。ラジオ会館を出たところでマリオカートのコスプレをして車に乗っている集団を見かけた。その集団のほとんどは観光客で、周りの人に手を振られたり写真を撮られたりするのをとても喜んでいるように見えた。また、他にも自分の推しのキャラクターのグッズをたくさんカバンにつけた人や、キャラクターが描かれた法被を着ている人など、観光客自身が観光資源になっているような印象を受けることが多くあった。

痛車というものを見かけたことは何度かあるけれど、じっくり見たことはなかった。どの車も持ち主がとても愛情を込めていてこだわりがあるんだなということがよくわかった。痛車という個人の趣味のようなものでも観光資源になるのだなと思った。

国内合宿については、卒論のテーマを決めるのがとても大変だった。テーマを考えてプレゼンしたが、プレゼンしてみて違うなと思う部分が大きかった。自分が興味を持ち続けられるテーマを早く見つけたい。

2年金田
posted by masutanis at 17:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

秋葉原フィールドワーク, 国内合宿

マンガを一冊読み切ったことがないほど、アニメの世界と無縁である私は、秋葉原に対し、アニメオタクが集まるところというイメージがあった。つまり、私とは無縁の場所だと思っていた。しかし、実際に行ってみると、そのイメージが全て正しいわけではないことに気がついた。アニメオタクを対象とした店ばかりがあるわけではなかったのだ。
まず始めに、ラジオ会館に行った。そこは、私のイメージ通りで、オタクのための建物であった。8階から廻った。フィギュアを自分で作る用のキットが並べられており、フィギュア用の洋服までも売られていた。体がパーツごとに販売されているのを見て、少し恐怖を感じた。特に目玉には驚いた。また、戦艦のモデルが多く展示されていて、違いは分からなかったが、オタクにとってはたまらない空間なのだろうと思った。階を下って行けば行くほど、私でも聞いたことがある名前のアニメコーナーや、アイドルのお店もあった。
そして、ラジオセンターには、その名の通り、古いラジオや部品が並べられていた。天井が低く、こじんまりとした場所だった。
その後、数々の電気屋に立ち寄った。驚く安さで電気製品が売られていた。アニメオタクでなくても秋葉原に来る目的はあるのだということを知った。
最後に、痛車の聖地に行った。痛車とは何かというところから始まったが、隠された文化を発見したかのように思った。絵だけでなく、言葉も書かれていた。また、座席が改造されて、中に机があるものもあった。
メイド喫茶や、一時期話題になったおでん缶、AKB48劇場など、秋葉原のシンボル的なものは実際に確認できた。次はUSBを買いに、秋葉原に行こうと思う。

2週間だけで卒論のテーマを決めるのは、なかなか難しかったが、どうにかテーマを定めてプレゼンの準備をした。プレゼンを通して、自分と似たようなテーマを持つ人はいないか、他人と自分の計画性にどれだけ差があるのか、他人に理解してもらえるほど明確な意義が自分のテーマにあるのかを知ることができた。今のうちに悩むだけ悩んで、地道に研究の準備をしていきたいと思った。

佐藤 文香
posted by masutanis at 01:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

食のまちアキバ?

アキバが変わってしまうのか。
連休中、恒例の新ゼミ生初フィールドで、秋葉原をおおよそ以下のように回った。
http://cgi.rikkyo.ac.jp/~masutani/wiki.cgi?%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%8E%9F%E8%A6%8B%E5%AD%A616

一昨年建て替えなった、今や世界的な観光名所ラジオ会館からガレージキットは消え、レンタルケースは2階のみ、中野ブロードウェイの方が多いくらい。7階のパソコン発祥プレートはどこへ。中学生のときボードパソコン触りたさに通ったなつかしの場所。地下の飲食初テナント見たとき兆候に気づくべきだったか。
ICTサブゼミ生の貸与品購入のため、雲南米線ランチ後にジャンク通りを末広町側から歩いたが、ジャンク屋がラーメン屋に変わったり、目立つのは飲食店。ZOA本店跡にPCNETが「秋葉原で2番目に安い店」看板そのままに入った例はあるものの、散歩コースを変える必要あるかも。結局2万以内の貸与タブレット、ノートPCは、新年度4月で物が捌けてしまったせいもあり、歩行者天国の中央通り沿いで購入。
渋谷や吉祥寺などマーケティング開発型と違う、個人の趣味が反映した街は消えてしまうのか。吉行ではないが、街に顔があった頃、などと昔語りしなければならないのはさみしい。


舛谷
posted by masutanis at 12:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。