2007年09月08日

モンゴル合宿

070829_070915.jpg
8日間あっという間でした。が、ほんとに色んな体験ができました。まず人生初の寝台列車にすごくわくわくしました。荷物チェックみたいな所で、もみくちゃにされた時は怖かったけど…
内モンゴル大生との交流では、グループの中にモンゴル族の学生さんがいたので、草原の暮らしの今を詳しく知ることができたしびっくりすることも多かったです。あと日本語がうますぎてびっくり。とても親切にしてくれた皆に感謝です!ほんとに楽しく過ごせました。あとフフホトではアイスが美味しいし安いしでハマりました。こっしゃんの口癖がうつって常に「アイス食べたい」って言ってた気がします。
草原では、お出迎えは嬉しかったけど手に何か持ってる…着いて早々めげました。あのお酒はキツすぎです(>_<)乗馬はあんなに長い時間乗ると思ってなかったし、予想外に走るし、落馬するかと思いました。でも馬に乗りながら見た景色はほんとに最高でした!あんな景色はなかなか見れない!写真撮りまくりました。食事は予想以上に羊は少なくてほっとしました;先生は丸焼き食べたかったと思いますがf^_^;
長々続いてしまいそうなのでこのくらいにしますが、毎日濃かったなぁっていうのが合宿終わってみてしみじみ思ったことです。皆お疲れさまでした!色々皆のわがまま聞いてくれた先生、ありがとうございました。
また後期に会いましょう(^^)


今井


posted by masutanis at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

no-title

海外合宿に行けて本当に良かったです。海外合宿では馬に乗ったり、ゲルに泊まったりと日本ではなかなかできない体験ができました。またそれだけでなく内蒙古大学の学生さんやガイドさんなど色々な人と話したり、接する機会がたくさんあり、非常に有意義なものでした。香港に行く前に参加できて本当に良かったです。

山本
posted by masutanis at 13:07| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

no-title

草津に行ったのはたぶん今回が初めてでした。
観光地だけどそんなにごちゃごちゃしていなくて、居心地がよかったです。
観光地ならではの食事の高さとお店の少なさ、人の気さくさを感じました。

ホテルおおるりは送迎バスもついてて一泊であのお値段は安かった!
部屋も綺麗だったし、何より夕食の宴会会場みたいなところがよかったです!!!
おじいさんおばあさんがみんなたのしそうで、その場にいるだけでこっちまで楽しくなりました。
すごいいいホテルじゃないけれど、気軽に遊びにこれる感じで需要が高いのがわかる気がしました。

発表は毎度のことながら腰が痛くなったけれど(笑)、聞くのは楽しかったです。発表して質問してみんなで理解を深めていくのっていいなって思いました。

河内遥
posted by masutanis at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

no-title

草津国内合宿について☆〃私にとって初めての草津でした。印象に残るのは饅頭を観光客に配っていた草津の人。あんなに沢山配って経営は大丈夫かしらと余計なお世話をしてしまいました。田子作饅頭はモチモチしてて美味しかったので帰りに買って食べました。
湯畑は硫黄の匂いがあり、湯葉の様な卵色をしていていました。山本館は『千と千尋の神隠し』の館のモデルとなったと思わせる様、建物の名前表示が『館本山』と、逆になっていて周りの建物と比べても雰囲気というか存在が少し違う気がしました。
研究発表も授業の時の発表よりも凄いと思う内容が沢山出て、新しい発見が幾つもあって、聞いていておもしろかったです。想像してたより時間が過ぎるのが早かった。
次の日の朝露天風呂に入ったし、温泉卵ソフトクリームも食べたし、満足のいく合宿になりました。
  古賀
posted by masutanis at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

no-title

草津は着いた途端硫黄の匂いがして、温泉地!!って思いました。あの匂いになれることは結局できなくて、くさって連発してました ^^;
テーマ報告会は去年より全体的に内容もよかったと思うし聞いていて楽しかったです。自分の発表に関しては、発表することによって新なテーマというか課題がまた出て来て息詰まる心配は当分なく、むしろまだまだ調べる事がいっぱいあるな…と感じました。自分は調べていてある程度わかっていても、初めて聞く人にはわからないこともあるので、それをどうわかりやすく発表するべきか次回はもっと考えて発表しなきゃなと思いました。
去年よりは質問なども出ていたし、強張った雰囲気ではなかったのがよかったです。
報告会を終えて、温泉に入った時深夜にも関わらず若干騒いでしまい、周りの人に迷惑かけちゃったので、この歳で恥ずかしい事したなと反省すべき点でした。先生すみませんでした。以後気をつけます。
温泉はやっぱり気持ちよくて、リフレッシュになりました☆あえて町並みを古いまま保っていたりしていて日本の観光地って感じがしました。いいプチ旅行になりました。お疲れ様です!

江口
posted by masutanis at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

草津合宿

*草津合宿*
テーマ報告は、テーマの方向性・枠組みがぼんやりしたままで報告会になってしまいましたが、皆の報告を聞いてとても参考になりました☆戦地ーリズムはまだ研究があまり進んでいないようなので、事例から「戦地ツーリズム」を考えていくのもいいかなぁと思いました。沖縄をちょっと調べてみたいです。

草津は、湯畑を散策できて楽しかったです。でも硫黄の臭いが(><)温泉卵アイスを食べましたが、ホントの温泉卵食べそびれました...宿で特に思いましたが、日本はやっぱり高齢化社会だなぁと。宴会場で夕食を食べている時の光景は、まさに高齢化社会の縮図みたいな。でも若い観光客もちらほらいました。街中にあった無料の共同浴場は、実際に入るのはちょっと勇気いるかなぁと思ってしまいましたが、なんだかいい雰囲気が出てました。宿の温泉も露天風呂も広くて綺麗だったし満足でした☆
*今井*
posted by masutanis at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

草津とおおるり

国内ゼミ合宿で草津温泉に行った。宿泊は送迎バス付きのおおるりグループのホテルおおるり。
草津温泉は観光経済新聞社の「にっぽんの温泉100選」で2000年以降ベスト3を外したことはない。ちなみに第20回(2006)は草津、由布院、登別の順。町内巡回ワンコインバスの屋根に「ONSEN RESORT」とある通り、草津は温泉、スキーに加え、夏の草津音楽祭やサッカーのザスパ草津など文化的な要素を併せ持ち、総合的なリゾート観光地と言えるだろう。温泉も湯畑を中心とする伝統的な温泉街と、外縁のリゾートホテル、マンションの温泉とでは全く趣を異にする。20近い無料共同浴場やそこでの時間湯(熱い湯に時間を区切って指導入浴)も、今回は試せなかったが非常に魅力的。
ホテルおおるりは、事業会社スポンサーによる旅館再生事例だが、湯快リゾート、伊藤園などとともに大いに成功しているように見える。事業会社スポンサーは大型旅館を対象とし、廉価な団体旅行をターゲットとしているのが特徴というが、ダンスホール、大衆演劇、お座敷カラオケなど、高齢化社会の観光モデルも垣間見えた。

舛谷
posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

no-title

モンゴル料理屋には行けませんでしたが、ゲストスピーカーの方の講演を聞いてきました〓

モンゴルについて文献講読をしたり、ビデオを見たりしましたが、やっぱり「大草原」、「遊牧」、というイメージを無意識にまだ持ったまま講演にのぞみました。

実際のところ、あるはずのない所に観光客のためのゲルがあったり、エスニックタウンを作るなどして民族が観光資源とされたり、観光のために「象徴化」されたモンゴルの姿を見ることができました〓〓
モンゴルの、観光客向けのお土産品も見せてもらいました。ミニチュア版のモンゴルの靴があったんですが、刺繍?とか模様がすごくエキゾチックで綺麗だし、加えてミニチュア版なので特に日本人には「可愛い〜」とうけのよさそうな感じです〓でも実際には、こういう靴は履いていないそうです〓
観光学部生には、すごく興味深く、考えさせられる内容だったと思います。

*今井*
posted by masutanis at 13:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

モンゴル料理屋には行けませんでしたが、ゲストスピーカーの方の講演を聞いてきました〓

モンゴルについて文献講読をしたり、ビデオを見たりしましたが、やっぱり「大草原」、「遊牧」、というイメージを無意識にまだ持ったまま講演にのぞみました。

実際のところ、あるはずのない所に観光客のためのゲルがあったり、エスニックタウンを作るなどして民族が観光資源とされたり、観光のために「象徴化」されたモンゴルの姿を見ることができました〓〓
モンゴルの、観光客向けのお土産品も見せてもらいました。ミニチュア版のモンゴルの靴があったんですが、刺繍?とか模様がすごくエキゾチックで綺麗だし、加えてミニチュア版なので特に日本人には「可愛い〜」とうけのよさそうな感じです〓でも実際には、こういう靴は履いていないそうです〓
観光学部生には、すごく興味深く、考えさせられる内容だったと思います。

江口
posted by masutanis at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

初めてゲストスピーカーの方を見たとき、全然日本人と顔立ちが変わらず全く気付きませんでした。その時自分の中で無意識にモンゴル人のイメージを持っていることに気付きましたが、今回の話しでも自分が勝手に持っていたモンゴルに対するイメージへの問題提起の機会を与えてくれました。せっかく合宿で行けるのでみんなのモンゴルに対するイメージと行ってからどう変わったかをまとめてみるのはいかがでしょうか?


山本幸司
posted by masutanis at 13:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

モンゴルゲストスピーカー

パソコンで聴きました目るんるん

音が途切れたり、よく聞き取れなかったところもありましたが日本語がとてもうまくてびっくりしました。


民族の話がなかなか興味深く、

日本はほとんど一緒の民族で言葉も日本語で通じるけれど

多民族だと言語などたくさんの問題があるな、と思いました。

民族識別をし民族定めるたときに民族学院をつくったり、
いろいろ政策がありました。

1976年に観光が始まったっていうのを聞いて、他の国に比べて観光が始まったのはずいぶん遅いな、と感じました。

少数民族が観光資源化、展示物?になったり観光の影響が人々の生活を変えたのが大きいと思います。

河内遥
posted by masutanis at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川越フィールドワーク

200707091634000.jpg7月9日(月)、2年生と一緒に川越に行った。

小江戸巡回バスは、深緑色がレトロな収容人数10数名ほどの小さな観光バスで、これを利用して蔵の街まで行った。蔵の街は、伝統的な蔵造りの建物が軒を連ねていた。火事で燃えにくい耐火建築だそうで、機能的なだけでなく見ていても趣があって美しいと思った。りそな銀行、川越商工会議所の造りも目を引いた。
芋菓子の老舗、亀谷栄泉や右門なども訪れた。輪切りにした芋の形そのままの芋せんべい、芋納豆、芋松葉(芋けんぴ)は代表的だ。その他スイートポテトやドーナツ、まんじゅうは比較的新しいものではないかと思った。右門の「いも恋」は平成17年に川越ブランド産品に認定されており、店でも一押しのようだった。こうした推奨品をつくることで、観光地川越のアピールをはかっているのがわかった。
川越もなかなか面白いなと感心していたが、川越市の役所の関係で月曜は店の多くが定休日であることを先生と別れた後に知った。特に菓子屋横丁は20数軒あるという菓子屋が1軒しか開いていなかった。しかも夕方5、6時にはほとんどの店が閉店してしまう。少し重い雰囲気になってしまったが、2年生の協力もあり、最後は芋そうめんを食べられる店で夕食をとれた。
今回のフィールドワークで、川越が誇る多くの文化財を間近で見ることが出来た。平日しかも月曜であったため、普段どれくらいの観光客で賑わいをみせ、どういった人が来ているのか把握できなかったのが残念。外人もちらほらいたが、当日は老齢層の観光客が目立った。実際観光地として川越は成功しているのかも気になった。都心からのアクセスは池袋から約30分、新宿からは約50分。たとえば東京に観光に来た人が川越まで足を運ぶかどうか。またフィールドワークに行けたら良いなと思う。
最後に、今回参加した2、3年生、お店が定休日だったりとリサーチ不足でご迷惑おかけしました!色々ありがとうございました♪♪

馬路
posted by masutanis at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲストスピーカ講演

この間のモンゴル事前学習に参加できなかったので、ポッドキャストで聞きました。
授業で聞くのとは違って、講義のメモを見ながら聞くのは、聞きやすいと思いましたexclamation

感想ですが、

内モンゴルの設立が中国よりも早かったという点に驚きました。
また、それ以前に元々独立に失敗していたことなどもわかりました。
また、中国の少数民族は、ほぼ世界の言語が入ってる、という点では、中国の大きさとそれに伴う統合のあらゆる政策などさまざまな困難を経てきたことがわかりました。。

また、民族自体が象徴化されて観光資源になったなどの話のところは、観光学を学んでいる者としては、大変興味深かったです。
内モンゴルとは関係のないところでも、観光のためにゲルを立てていることなど、内モンゴルの草原イメージを象徴しているのだ、と思いました。また、海外ではなく、中国内での市場が高まっているという点は、観光だけでなく、経済面でも最近よく耳にする話だなぁと思いました。

このお話だけでなく、もう少し内モンゴルに関する本なども読んで勉強してから合宿に行くべきだと感じました手(グー)
posted by masutanis at 15:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

no-title

070705_2026~01.jpgモンゴル合宿事前学習会と、大塚のモンゴル料理屋チンギスハンに行ってきました。

学習会では現在のモンゴルについて色々お話が聞けました。モンゴルの観光施設が、観光客のために「つくられた」ものであり、住民とはあまり関係ないという点が興味深かったです。

料理屋では日本人にはあり得ないノリの店長さんを始め、モンゴル人のお客さんに歌を歌ってもらったり、モンゴルの衣装着せてもらえたり、モンゴル相撲の服まで登場したりと、盛りだくさんな感じでした!!
料理も美味しかったです。モンゴル料理というよりは中華料理に近い気がしました。

ただ昭和女子大の方は10人くらいいたのに、立教は二人で申し訳なかったです(ノ_<。)

歌舞伎町ナンバーワンも顔負けなコールでみんなにウォッカをどんどん飲ませる店長。モンゴル行ったら確実に酔いつぶされると思いました。
みんな気を付けましょう!
とかいうレベルでもないけど!

講義と併せて、合宿がとても楽しみになりました。


小清水奈穂
posted by masutanis at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

モンゴル料理

内モンゴル合宿を前に、池袋のノタガ(故郷)に行く。北口を駒込方向に歩いて10分ほど(池袋2-63-6パレスガーデンミラノ1F,03-5951-8894)。スーパーホテルの向かいでパキスタン料理マルハバと同じビル。6時過ぎに行き、オーナーのナーリンさんにお任せでモンゴル料理の練習。
まずは蒸し餃子ボーザから。結構羊の臭いが鼻につく。
boza.jpg
牛乳酒を飲みつつ、飲めない人は自家製アイラグ(ヨーグルトドリンク)をいただくが、これがなかなかくせ者。一人で飲み切れたビギナーはいない。
ailag.jpg
メインディッシュはチャナサンマハ(羊肉の旨煮)。切り分けてくれたが、本来は小刀で削いで食べるもの。
chana.jpg
酒の呑み方も教えてもらう。注がれ囃され一気する。最初は一二回断ったり、飲み干さなくてもよいそうだ。十数年前の内モンゴルの記憶が徐々に甦る。外は木製、中は金属の盃に30数度のパイチュウをなみなみと注がれ、毎晩ふらふらだった。年長者が多かったので、代わりに飲み干していたせいもある。〆のバター茶とモンゴル民謡の長唄、オルティン・ドーが心にしみるのも同じ。よい旅になりそうだ。

舛谷
posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

みんなに続け !!国内合宿の報告。(今更)

ゼミブログを見ながら「みんな書き込みおせーなぁ」と笑っていました。
しかし、そこで気がついたのです…自分も書いてないじゃんΣ(゜□゜;)!!
まじですいません。

5/3・4と武蔵嵐山まで行った初の国内合宿は勉強になることの連続でした。
まず武蔵嵐山。[あらしやま]だと思ってました。笑
そして次に駅にあった観光案内所。初めて入りました!!今までは観光案内所なんて気にもとめていませんでしたが、あれから意識するようになりましてこの1ヶ月間、駅では観光案内所探しちゃったりしてましたよ。でも、発見出来たのは川越駅だけ。しかもわかりにくい!!ヽ(*`Д´)ノ
何かの授業でも言っていましたが日本はやはり観光案内所の整備などに力を入れないと観光は伸びていかないなぁ、ということを実感しました。

…って、すいません。軽く合宿の話からそれました。笑
話は戻って、合宿所に着いてついにプレゼン!!
ボロボロでした。なのに、結構みんなの食いつきよくて質問の嵐((゜Д゜)
勉強不足で答えられませんでした。もっと調べて出直します!

とかいって、あれからなんもやってないです。
やべぇー(x_x;)

次は夜の親睦会。みんなに無理矢理つけられたあだな。みんなすごいのつけられていましたが、捻挫→ゴリ→はるこさんっていうのも結構無理やりじゃないっすか?!笑

っていうか合宿中ノリ悪くてすんませんでした。家に帰って一人で反省。笑
実はかなりの人見知りなんです…最近治ってきたかなーとか思ってましたがやっぱだめでしたね。
でも最近はやっと仲良くなれてうちとけてきたかな?と、一方的に思ってます!!
でも、まだあんま喋ったことのない人もいるんでこれからも頑張ってうちとけて
いきたいです('-'*)
人見知りな上に顔と名前覚えるの苦手なんではじめは冷たくみえるかもしれませんが実はそんなことないんですよ!(自分で言ってしまった 笑)体育会系なノリの私をどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
火曜のゼミは結構楽しい感じなので全員参加の9月の合宿が今から楽しみです!不慣れな土地ですが歩くウィキペディアの先生に頼ってみんな頑張りましょうヽ(´ー`)ノ

鈴木 絢




---------------------------------
Start Yahoo! Auction now! Check out the cool campaign
posted by masutanis at 23:31| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

今更あえての国内合宿 の投稿!!!!!

遅くなってすいません!今更あえての国内合宿のことです!

なぜいまさら国内合宿とお思いかと思いますが、それは合宿から何ヵ月も経った今だからこそみんなに思い出を
「プレイバック」
して欲しいと思ったからです!!!



…って嘘っぱちです笑(・_・;)完全に忘れてました…。
みんな書いてるのになんで純は書かないのっ? て言われ、焦ってやりました。すいません(ToT)


で、武蔵嵐山国内合宿…それはまさか大学がはしかで休講になるなんて思っていなかった5月3日…
に行われました!武蔵嵐山なんて一回も行ったことない場所!どんなところかと思えば、「となりのトトロ」のさつきとメイのうちら辺を思い出させるくらい(言い過ぎ)なところでした笑

で、ついて早速個人テーマ発表…!!☆彡



(死)……笑

みんなパワーポイントをうまく使い、たくさんの資料で完璧にこなしてく中で、下準備アマアマの自分…(笑)
しまいには舛谷先生に「君のテーマ(世界遺産)は観光の先生からの目が厳しいから」と言われ、凹む自分(ToT)
そしてプレゼン発表が自分には足りてないと実感したので、みんなを見習って頑張らねばと思いました(汗)


しかし長時間に渡ったテーマ発表も終わり、夕食、風呂、そして飲み会へ…!!!!


まだ絡んでなかった人とも絡めて楽しかったです!みんなこれからもヨロシクっす!!(^_^)v

一通り飲みも終わり、小腹が減ったのでみんなで抜け出してラーメン食べにいったのですが、帰りに警備員に見つかり、 ジエンド(笑)
そして夜更かししたせいで寝坊して朝飯食えなくて ジエンド(笑)


まあそれからまたテーマ発表にリターン↑↑
みんな個性のある論題ばかりで調べてて絶対たのしいだろうなぁと思いました!



そんなこんなの国内合宿でしたっ!
一言でいうと楽しかったです!みんなこれからも仲良くなっていきましょー!


ちなみに一番印象に残ったことは、舛谷先生が夜、男子全員分のふとんを一人でいつの間にか敷いておいてくれたこと…

「いや、1つ敷くのも全部敷くのも同じだからさ(キラッ)」


……「歩くウィキペディア」は知識が豊かだけでなく、心も豊かなのでした( ´∀`)σ"

島崎純也
posted by masutanis at 09:12| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

国内合宿

かなりかなり遅くなってしまいすいません。m(__)mもう1ヶ月も経ってしまったので投稿しようかどうか迷いましたが、国内合宿の報告です。

武蔵嵐山に行ってきました!埼玉県民の私ですが、武蔵嵐山は初めていきました。自然が多く、とてものどかで落ち着いた場所でした。

現地に着き、テーマ報告開始。初めてのパワーポイントでのプレゼンに対する不安。自分のプレゼンのときはイッパイイッパイでした。でも他の人のプレゼンを聞くのは楽しかったです!初めて知ることがたくさんあり、興味深かったです。時間が経つにつれ、質問も言いやすい雰囲気になり、意見が飛び交う様子がとてもゼミらしいなと感じました。でも私自身は質問をする難しさをとても感じました。自分の意見や質問の意図をなかなか上手く伝えられませんでした。これからもっと慣れていきコツをつかまなければ、と思いました。
こんなテーマ報告会でしたが、皆も書いているように、先生の知識の豊富さには驚かされっぱなしでした!

夜は飲み会!自己紹介などをして、みんなお互いに打ち解けられた気がします!変なあだ名はバッチリ覚えました!そしてラーメン屋への脱走。門を飛び越えたり走ったり。食べたラーメンとアイスはおいしかったです!帰りに警備員に見つかったりしましたが、そんなことも含めて、とても楽しい夜でした!!

初めてのゼミ合宿はこんな感じでした!色んな面でとても有意義な2日間でした。早めに合宿ができて良かったと思います。
おつかれさまでした!
国外合宿はぜひ全員で行きたいですね!!
posted by masutanis at 16:30| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

国内合宿と池袋フィールドワークの感想

相当遅くてすいません。何度か試みているのですが成功しません。果たして今回こそちゃんとできるだろうか…
 まず国内合宿。しょっぱなから遅刻する。しかもUSBを家に忘れる。運良く電車に間に合って良かった。レジュメも作ってなかったがすごい天気も良く気持ちよかったので無理やり開き直った。なんとかなるなと思っていたが始まってみると皆しっかりやっていて焦った。今後しっかりやろうと心に決めた。足を引っ張らないようにしなければ。あとメガネの女子が多いと思った。先生もメガネだし。俺もたまにメガネ。人まちがいしないようにしようと思った。

フィールドワーク。まず池袋にあんな一画があるとは知らなかった。一発目の書店から日本じゃない空気がギンギンだった。男三人くらいで奥のほう行った時にエッチな(ぽい)ビデオを見つけたのだが、外装が慎ましやかというかソフトな感じでほのめかされていた。やはりお国柄が関係しているのだろうか。
次に行った食品店は更にエスニックな感じで楽しかった。ツバメの巣ジュースは怖くて飲めなかった。パイみたいな菓子に口の中の水分全部もっていかれた。お店探しは難しかった。岳くんの感想に載ってる写真のような店ばっかが目に入った。しかも途中で抜けてしまった。力になれず申し訳なかった。また違う所、色んなところに行きたいと思った。

清水 泰斗
posted by masutanis at 17:27| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

5/8池袋北口見学

1回書いたのに迂闊にも消してしまいげんなりすること10日。
そろそろ愚直に書きますモバQ

冒頭よりゼミのプレゼン後で気が抜けてぷしゅー(なんかぬけてる)な反面、ふりだしに戻るな状態で(ノд`@)アイターといった感じで行ってきました池袋北口。

北口の印象はどこか疲れた様子、新しい建物が少ないからでしょうか。すぐに中国語らしき看板や宣伝文句は目に付きました。
現地の雑誌や書籍、音楽CDやビデオは、どこか古ぼけた印象。
食料品に関しては眉間にしわ寄せっぱなしだった気がします。
実際食べてみたい!と一歩踏み出させるような興味の湧く商品は、案外想像より少なかった。
食べてみたお菓子はもそもそだったし。絶対日本のお菓子の方が美味しいのに、ネイティブの人はわざわざ買いに来るのだろうか?安いから?それとも、故郷の味なのか?(-ω-;)ウーン
椰子ジュースは、日本に売ってない甘さだったので納得ですが。

ネイティブ向けのお店を見つけるフィールドワークではあまり見つけられず、難しかった。怪しい通り入ってきょどったりとか…。もっと目を光らせなければ。

そしてタイ料理!初体験。テンション上がりました(´▽`)
めっっっっっっっちゃ甘いジュースは甘いもの苦手な私には相当な痛手でしたが、後のソムタムタイで普通のジュースに成り下がり1番に飲み干したのは私でした。そんな脅威、激辛ソムタムタイをそそくさと、もったいないじゃんといって食べる先生は驚異でした。
グリーンカレーやあひるのお肉、もちもちしたガンモ?、タイ米など、どれ1つ取っても新しい味でした。全体的に、ココナッツ、香草の香り。
新しい味としては美味しかったですが、たまにでいいです 笑
‥こんなことを言うとまた先生につっこまれそうですが。

やっぱり、フィールドワークとして見て回るのも一歩進んだ試みですが、また更に進んで食べて見るとか、自分の物としてみる体験は印象深く、楽しかったです。
posted by masutanis at 16:22| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。