2007年09月24日

初海外合宿!大連での日々

大連での5日間は、とにかく刺激的な日々でした!今まで知らなかったものを見て、触れて、食べて、驚きオドロキの毎日でした。

大連に着いてまず思ったのは車の交通量が多かったこと。中国といえば自転車というイメージだったのが変わりつつあるんだなと思いました。また、運転の激しさもすごかったです。信号はあるようでないような。さすがに大丈夫だろうと思っていたパトカーにひかれそうになったときはショックでした。おかげで大通りを渡る度胸がついた気がします。

企業訪問では、実際に職場を見学し働いている方のお話をうかがえるという、なかなか普段はできない経験をしました。特にNHNは韓国のNo.1のインターネット企業ということで、興味深かったです。企業は韓国の企業で、働いている人は日本人が多いけれど、場所は大連というのが不思議な感覚でした。年内には実現するというNAVERの日本進出が楽しみです。

大連外語学院の学生さんとの交流はとても楽しかったです!みなさん日本語がかなり上手でした。聞けば日本に行ったことはないとのこと。それなのにあれほど話せるのは、それだけ日本語を学ぼうとする意欲と努力があったんだろうなと思いました。その姿勢を私も見習わなければと思いました。
私たちの班のテーマ「食文化」についても、お互いの食文化のイメージを話したり、色々興味深い話を聞くことができました。大外の学生さんにもいつか日本に来て、本場の和食を食べてもらいたいなと思いました。

隣町ツアーは、かなり貴重な経験だったと思います。立ち入り禁止の所はとても緊張しましたが、行くことができて良かったです。やはり実際に行って自分の目で見てみないとわからないこともあると思うので。目を覆いたくなるような残酷な写真などもありましたが、それを見たとき中国人側の考えも理解できるような気がしました。隣町では色々考えさせられました。

大連合宿を語るのにやっぱり食べ物は欠かせません。毎日食べたアイスや海鮮料理、韓国料理、おいしかったです!!初めて食べたものも結構ありましたが、なかでも印象に残っているのがドリアンです。いまでも思い出すと口のなかにあの独特な香りがよみがえってくる気がします。特別好きというわけではないけれど、なぜかもう一度食べたいと思ってしまう。不思議な魅力を持つ食べ物ですね。
他にも今思えば食べればよかったと思うものもあるのですが、お腹を壊してからは食べ物に消極的になってしまい食べなかったことだけは、惜しいことをしたと思います。また中国に行けたら、どんどん色々なものにチャレンジしてみようと思います!

こうして大連合宿を振り返ってみると、今までできなかった経験をたくさんできて充実していたなと思います!この合宿に参加できて良かったです!
おつかれさまでした晴れ


posted by masutanis at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。