2007年09月23日

大連合宿レポ

初中国でしたが、つくづく初中国が大連でよかったと実感してます。
街が予想以上にきれいでした。

一応、毎日の感想を箇条書きでズラズラ書いていたのですが、省略してここにも書いておくことにします。
・車の運転ひどい。基本止まらない
・大学周辺はまるで韓国、日本人も多い
・ごはんは思ったよりふつう
・TVに胃薬のCMが多い
・コンビニの牛乳はぬるくてこぼれている
・すべてのお茶には糖入り
・韓国がファッショナブルらしい、韓国はかっこいい
・女の人がわき毛を剃らない
・警察さえ信号無視
・韓国料理がおいしい
・大学1年生が軍教を受ける
・男の人が土くさく、男らしい
・旧日本人街はまるでヨーロッパ
・中国語が通じているのかさえ分からない

そして最後は、・井柏然かっこいい。という言葉で占めてありました。

企業説明は、NHNとIBMへ行きました。
NHNはなんと私が常用している韓国のNAVER(www.naver.com)が日本進出をするということで、その説明を聞きに行きました。
驚いたのは社員が全員日本人だったこと。
まるで大連ではないですね。中国語や韓国語が分からなくてもこの環境ならやってけます!という言葉の意味が分かりました。
何か分からないことがあったら、何か知りたい芸能人があったら、いつもNAVERを開いていた私ですが、やはりそのくらいの情報量を日本にも求めるのだから準備作業は相当大変なのだろうと思いました。
また、NAVERには一般の人が情報を書き込める掲示板があって、そこがとても充実しているので、日本NAVERも日本の情報源の収集所のようになればいいと思います。

次に行ったIBMですが、なんと案内してくださった三上さんは父親の昔の仕事仲間。父に聞いたら、入社当時から知っているそうです。
NHNもIBMも、どちらもビルもとてもきれいで働く環境として大連が好まれているというのがよく分かりました。
韓国にも近いし、大連で働きたいな、なんて思う私の単純な脳。

とにかく、楽しかった5日間でした。
みんながお腹を壊しているのが大変そうでしたが、私は無事に帰国。
帰国後2日後に胃痛がひどく病院へ行ったら急性胃腸炎。それでも中国はまた行ってみたい国に入りました。


実川真由


posted by masutanis at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。