2007年09月17日

中国の車窓から

大連での五日間は最初から最後まで、新鮮さに満ち溢れていました。

食べ物は日本にはないような料理ばかり。
自分としては、これは食べれないな、と思うものもなくすべておいしく食べれました!
珍しいものとしては、なまこの仲間のワームみたいな生物、口の中がファンファンするライスヌードル、ドラゴンフルーツジュース、臭豆腐、ドリアン、などなど....特にドラゴンフルーツジュース、臭豆腐、ドリアンはおすすめです!!

中国に来て強く感じたことは、日本の人は箱入り国民だなってこと。

町並みや公共施設はきれいに整備され、レストランの接客は丁寧、食べ物や水の安全性。いろいろなものに守られている日本人は、細かいことをきにし、とても敏感な生き物であるかもしれない。ある意味中国の人々のほうが生きることにまっすぐで本来の人間らしい気もし、人間的パワーを持っているような気がした。国民性や
文化の違いをじかに感じるとともに、日本人の生き方を再認識。

現地の企業訪問では普段見聞きすることができないことを体験することができ、戦場であった203高地、塔などへの訪問は、考えさせられることばかりだった。しかし、日本史の学んでいたにもかかわらず、歴史に対する知識のなさを実感…。もっと歴史について勉強せねば。

なにはともあれ五日間で最終日の夜のトランプで最後の最後にテンションが落ちる以外はテンションは上がりっぱなしでした(笑)

また中国行きたいです!!!!

ちなみに噂のスタヅオヅブリ(笑)はハウルの動く城までの作品がすべて入っていました!やっほ〜い!

金子泰士


posted by masutanis at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。