2007年09月16日

袴田百合子のチャイナにいっちゃいな

誰も手をつけていませんので一番乗りしてみます☆

今回の国外合宿IN CHINAは、とにかく疲れましたー!!!!!!
でも舛谷ゼミっこ全員揃って行けて良かったです^^

さてさてまず中国に行って驚いたこと
・車の運転状況のひどさ
・料理の油っこさ
・公共トイレの汚さ
・中国の赤ちゃんのズボン
etc・・・・・・

同じアジアなるも文化の違いに大いに触れました。


*企業見学*
NHNやらIBMやらに足を運ばせていただいたわけでありますが。。。
とにかく専門用語がわからない><;
そもそもソフトウェアって!?
右から左に受け流してしまいました・・・お恥ずかしい。
でも日本人が多く大連で働いていて、海外で活躍する方々を見ることができたのは良い経験になりました!

*外大生との交流*
我が班のテーマは「受験・学習」。
日本と似通った点が多くも、やはり中国特有の文化というか慣習というか・・・そういうものが垣間見えました。
他の班の発表を聞いても面白いものばかり。この国際交流は本当に良かった!!
ただ、彼女たちが5年生でもう就職間近というのもありますが、「百合子さん夢はなんですか?」と聞かれたときに答えられなかった自分に少々あせりました・・・
とりあえず外大の方々は皆日本語も上手で物腰も柔らかで。
あぁ、わたしも彼女たちを見習って大和撫子目指して頑張ろう。

*隣町見学*
とにかく怖かった!まずまさか自分たちが“密告”されるとは・・・!!
そして数々の資料館 その他諸々を訪れて、改めて戦争の恐ろしさを感じました。
中国人がなぜ頑なに日本を嫌うのか。もう時代は変わっているのに・・・
そう思っていましたが、戦時中を生きた人々にとっては日本人は憎むべき対象であることも納得できてしまいました。
というか、中国人にとって日本人は憎悪とともに恐怖の対象でもあったのでしょう。
同じ日本人として彼らの行為に反感と共にとてつもない恐怖を感じました。
でも区域に行けた事は、とてもスリリングでかつ貴重でした!


*最期に・・・*
海外に行くと日本の良さがわかると皆言っていましたが、まさにその通りだなと痛感。
逆に言うとホントに過保護なほど日本人は守られているっっ!!
不衛生なものにとにかく慣れていなくて、デリケート。それが日本の良いところであり弱みでもあるのかも。
自分も人生最高に腹を下し、正直早く帰りたいとしか思えない日もありました・・・
でもたくさんの想い出が出来て、本当に良かったです!
みんなお疲れ様でした☆


袴田百合子


posted by masutanis at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。