2007年07月10日

ゲストスピーカ講演

この間のモンゴル事前学習に参加できなかったので、ポッドキャストで聞きました。
授業で聞くのとは違って、講義のメモを見ながら聞くのは、聞きやすいと思いましたexclamation

感想ですが、

内モンゴルの設立が中国よりも早かったという点に驚きました。
また、それ以前に元々独立に失敗していたことなどもわかりました。
また、中国の少数民族は、ほぼ世界の言語が入ってる、という点では、中国の大きさとそれに伴う統合のあらゆる政策などさまざまな困難を経てきたことがわかりました。。

また、民族自体が象徴化されて観光資源になったなどの話のところは、観光学を学んでいる者としては、大変興味深かったです。
内モンゴルとは関係のないところでも、観光のためにゲルを立てていることなど、内モンゴルの草原イメージを象徴しているのだ、と思いました。また、海外ではなく、中国内での市場が高まっているという点は、観光だけでなく、経済面でも最近よく耳にする話だなぁと思いました。

このお話だけでなく、もう少し内モンゴルに関する本なども読んで勉強してから合宿に行くべきだと感じました手(グー)


posted by masutanis at 15:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。