2007年05月09日

5/8池袋北口見学

070508_1716~01.jpg.jpg印象に残ったのは、中国人向けの食品スーパーで生きた鯉が売られていたこと。日本でも料亭とかで鯉こくは食べられるけど、普段食用として鯉を見ていないのでなんとも複雑な心境になった。とは言っても、日本でも昔は普通に鯉は食べられていたのだろう。いつか泥抜きをしたクリーンな鯉を食べてみたい。(高級料理か)

エスニックな店探し、では日本人向けではないオーセンティックなエスニックストアを探したわけだが、自分はあまり見つけられなかった。あとで通ってみると「ここにあったのか」といった感じだった。私のフィールドワーク力はまだまだですね。もう一歩踏み込む勇気がポイントか。

タイ料理はまさにエスニックだった。甘かった。辛かった。苦いはなかった気がする。一品目の生春巻きを食べたときはうーむだったが、サラダ、ジュース、さつま揚げ、焼いた鶏肉、もち米、タイ米、グリーンカレー、やたら甘いフルーツと多種類の料理がどうだまいったかと舌を攻めて来たので最後は参ってしまった。美味かった。


金澤 岳


posted by masutanis at 21:37| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。