2006年07月04日

新大久保エスニックタウン見学

image/kanko05-2006-07-04T11:32:42-1.jpg大久保通りには、韓国料理を出すレストランや韓流スターグッズを扱う店が沢山あった。多くのアジア人とすれ違ったが、ヨン様目当ての日本女性もいた。アジアスーパーストアは、生鮮食品をはじめタイのあらゆる物を扱っていた。夕食をとった百人町屋台村ではタイ、ベトナム、インド、マレーシア、中国の料理が食べられる。テーブルの上にアジア各国の料理が並ぶ光景はなかなか見られるものではないなと思った。
新大久保にいながらアジア各国の料理、文化、人に触れることができ、まさにリトルアジアだった。現地の生活と同じものが揃うこの地域は、これから更に多くのアジア人が住み着き、ますます発展していくだろうなと思った。


posted by masutanis at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。