2006年05月22日

秋葉原

image/kanko05-2006-05-22T21:06:53-1.jpg秋葉原駅を降りると、メイドがビラ配ってた。初めて秋葉原に行ったので、お〜アキバ来たよ!という感じになった(^皿^)

待ち合わせのカフェへ、しかし道がわからない。確実に迷子だと思ったので、携帯のGPSに頼る。なんとかかんとか到着。来る途中も電化製品を売ってるお店がたくさん並んでて、ここでも秋葉原だなぁと感じた。

いろんなところに行ったが、秋葉原は思いの外、都会的だった。外国人からすれば、電化製品!というイメージが強いらしいが、確かにそれはそうだと思った。同時に萌え、も今の秋葉原を特徴づけてるとも思った。多分外国人には関係ないだろうが。

外国からの観光客は、六割くらいは東京から出ないらしいから、それを考えると秋葉原が観光地になるのも納得な気がした。

永田


posted by masutanis at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。