2006年05月18日

交流会



私は大事なセミナーや本命の面接が立て続けにあって肝心な討論会は行けなかったのですが、飲み会や金曜日の交流会に参加しました。

そこは日本語、英語、韓国語がとびかっていてとてもインターナショナルな空間でした。

友達になるのに言葉の壁なんて簡単に超えられるなって、アメリカに留学した以来、久しぶりにこの感覚を味わった気がします。

でも何よりも、韓国の学生と仲良くなれたのが一番嬉しかった!!

いろんなことを教えてもらいました。

例えば、就職の面接は全部英語で行われるとか。就職するのにTOEIC900点は当たり前とか。もうすべてが驚きでした。

英語が喋れたり、英語ができなきゃ韓国では厳しいのかーと、つくづく日本人でよかったと思った瞬間でもあります。

あとは言葉!!

ハングル文字ってさっぱりわからないんだけど、実はローマ字に似ていて意外とわかりやすい言葉だと思いました。

私の名前のハングル文字を教えてもらいました。

すごく興味を持ったから、ハングル文字と韓国語の勉強をしようという気になりました。

それに音楽、徴兵制、恋話などなど。

私は韓国のある学生の言葉が忘れられません。

「日本人は恐いと思った。でもねあなたたちに出会ってそれは違うんだと感じました。」

文化交流ってこういうことなんだと思います。

いろんな価値観に触れ、お互いの文化を認め合う。

とても貴重な経験ができて、幸せに感じています。          井上 香


posted by masutanis at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。