2006年05月08日

池袋北口エスニックタウン見学

image/kanko05-2006-05-08T21:04:27-1.jpg
4月27日に、池袋北口エスニックタウン見学を行いました。
池袋は見慣れた場所なはずなのに、こんなにたくさんネイティブ向けのお店があったことに今まで気付きませんでした。お店のお客さんのほとんどが日本人でなかったことからも実感しました。
このようなお店に来るお客さんが一体どんな生活をしてるのかとても気になりました。学生として勉強しに来てるかもしれないし、働きにきてるかもしれない。それぞれ故郷を離れて日本には来ているものの、母国の物にやはりこだわりがあるのかなぁ、と思いました。
また、ほとんどのお店にフリーペーパーが置いてあったのが気になりました。ネイティブの人にとっては大切な情報源なんだと感じました。
それぞれのお店が池袋に溶け込んでいるかのように思いましたが、同時にどこかに母国を重んじてる愛国心を感じました。
日本にいても海外を感じれる場所がほかにもたくさんあると思うので、他にも調べてみたくなりました。
写真は知音食堂です。
高沢えり子


posted by masutanis at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。