2006年05月07日

池袋北口見学

image/kanko05-2006-05-07T16:11:21-1.jpg今回初めてエスニックタウンというものを見学しました。自分は最初エスニックタウンと聞いて、日本とは全く隔離されたどこか閉鎖的なものをイメージしていました。しかし想像とは違い、日本の街に溶け込んでいて、それほど異質なもののようには感じませんでした。むしろよく注意して見なかったら、全然気付かなかっただろうと思います。しかし店の中に入るとやはり日本とは違い、生きたカエルが水槽に入っていたり、ビデオがビデオテープのまま売られていたり、日本ではなかなか見られない光景がそこにはありました。池袋のわずかな範囲の中で小さいながらも多くのネイティブ向けの店を見つけることができ、日本にいながら新鮮な気持ちを得ることができました。
写真はトキワ通りにあったネイティブ向けエスニック店の大宝という中国東北家庭料理屋です。
山本幸司


posted by masutanis at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。