2005年09月20日

マレーシア〜日本人墓地〜

肉骨茶。
3b006fc8-s.jpg
9月3日(土)、マラッカに行った。まず日本人墓地を見て、その話をKOA電工の目黒秀敏氏からお聞きすることができた。どうやら、1911年〜1942年の間に亡くなった人々のお墓であるという。1976年に墓地を発見しようとする動きがあり、当時マレーシアにあった3つの日本の会社が中心となって点在していた墓地を集結させてできたものだそうだ。34碑あり、男性11、女性22、犬1、の内訳である。九州地方出身の方が多く、女性が多い。毎年150人くらいがお参りに来るそうだ。いまだに発見されていない日本人の墓地がマレーシアにはたくさんあるのではないか、ということであるから、戦争の爪痕をつくづく感じた。マレーシアはとても親日的ではあるが、中には日本へ対する歴史的な恨みもあることは事実で、政府に謝罪を求める動きもあるのが現状である。
戦後60周年という年に、日本人としてこの墓地を訪れることができたことを大切に思う。戦争があったという事実を真摯に受けとめ、異国の地で最期を迎えた日本人に、御冥福をお祈りしたい。
今野善徳


posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。