2005年03月15日

香港合宿について

香港という国について夜景が綺麗とか漠然としたイメージしか持っていなかったので、今回様々な場所に行かせてもらい、今の香港について知ることが出来てとても面白かったです。着いて始めに見たのが、ところせましと建ち並ぶ高層マンション。まるで未来都市みたいだなと思いました。泊まった部屋からもそんな夜景が見れて最高でした。
香港の面白い所はこのような高層マンションからあまり遠くない所に無人島もあるサイクンのような場所があることです。また、電子街見学では、中国らしい通りがあります。私はこのようなところのほうが面白くて好きです。香港はアジアと欧米を混ぜた不思議な国だなと思います。その典型が、沙田にあった高層マンションの下にある屋台です。遠くから見たら日本にもありそうなマンション街なのに、下にはいかにもアジアというかんじの屋台がいっぱいあって驚きました。また、香港料理はどこもとても美味しかったです。
また、香港の人達が日本のドラマや芸能をよく知っていたのには驚きました。あいのりの話をされた時は、びびりました。彼女達は日本を学んでいるから詳しいのかなと思いましたが、中国の帰りの列車で隣りになった香港の人も、好きなドラマでロングバケーションとか言っていたので日本の文化が幅広く知られていることを実感しました。とても嬉しかったです。逆に一緒にいたイラク人の人は何も知らなかったので、アジア以外では食文化や車の名前までしか日本は知られていないんだと思います。今、韓流ブームも起こっていますが、アジア人同士、文化をもっと共有して仲良くなれたらいいなと思いました。特に日本は過去の歴史においてアジアと良くない関係にあるので、歴史を知った上で、御互いの良い文化を認め合うことで歴史を塗り変えていけばいいんじゃないかと思います。とにかく親切な人、美味しい料理、きれいな夜景とで、香港が好きになりました。また、アジアにも興味がわいたので、他の国も色々と行ってみたいです。

野本蓉子


posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。