2005年03月05日

客家

大學駅から電車とバスを乗り継ぎ、客家にやってきた。バスの終点のその場所から船にのり廃村の無人島へ。そこは香港で初めて聖人となったひとの出生地であるということで、礼拝を含めた観光の開発プロジェクトを進めているということだった。となりの島はゴルフ場となっているが、それよりもこうした文化的な観光の開発のほうが、金はあまり儲からなさそうだが、息の長いものとなる気がする。

浅野隆史


posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。