2005年03月04日

香港の教育制度について

香港の教育制度で日本と大きく異なるのは、大学に入る前に「予科」を二年間受ければならないという所である。大学も三年間であり、日本より一年少ない。日本と違って大学も少ないため、有名な大学に入るためには、小学校から成績をバランス良くとらなければならないところが、厳しい受験の世界だと思った。日本のようにありあまるほど大学がある所とはちがって、数少ない大学自体の評価や価値が高いのが香港の特徴だと感じた。
また、そういった環境が学生にモチベーションを高める結果となっているのだろう。それに付随して、非行や暴力にはしる学生が少ないことも、香港の学生の人柄に表れていると思った。

今野善徳


posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。