2005年02月12日

docomo 見学

ドコモさんからいろいろ聞かせてもらいました。自分はauなので、そしてなんとなく昔からアンチドコモなもので結構批判的に質問もさせてもらいました。

まずドコモの考える次世代の技術について。ややケータイから離れたものもありましたがやはり研究所をもっているだけあって発想と技術は日本の携帯産業のトップかなと思いました。そのうちすべて携帯一つで済んでしまうようになるのでしょうか?便利だとは思うけれど逆に携帯がなければなにもできなくならないか心配です。個人的に携帯の機能としてのカメラ、音楽、テレビが発展していくのはとても期待していてパソコンもある程度ソフトを動かせるようになればよいと思います。携帯の音楽って何のデータ形式なんでしょうかね?携帯で自分のパソコンからストリーミングでMP3が再生できたら思わずドコモにしてしまうかもしれません。そしてゆくゆくはAVIやMPEG3、2も再生できるようになるとよいですね。エンターテイメントとしての機能が充実していくことは賛成ですが、金銭などの遊びでない部分が携帯で操作できることにはまだ不安です。携帯はなくしますし、壊れます。


現在の携帯会社の競争に関して

ドコモは価格競争ではなくサービスで勝負といっていました。ただサービスを実現するスピードは遅いといってました。新サービスが他の会社の後手にまわっている理由がわかってよかったです。ただやっぱり価格というのは大きいんじゃないかとは思います。学割を導入したらドコモの独壇場でしょうね。ユーザーが多いのも問題らしいですけど。

今後携帯産業はどうなっていくのでしょうか?結局技術はユーザーからすればある程度はどの会社も同じくらいにみえます。多少の早い遅いはあっても。ドコモはやはり信頼できるイメージ、ビジネスに強いイメージがあります。このイメージがうすくなったときが楽しみです。最後までアンチドコモですいません。次は他社も見学にいってみたいです。

萩原佑介


posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。