2005年02月03日

ドコモ見学を終えて

お財布ケータイにはすぐにでも使いたくなる機能が満載だった。実際に実現しているし、とくに空港のチケット購入は早くて的確なサービスだと思った。自販機でも使えることは知っていたが、クレジットカードがもっと身近になったような感覚だ。しかも履歴がすぐに確認できる。買い物のデータからすぐに家計簿をつけてくれるような機能を兼ね備えれば、自分で「お財布ケータイ」にコントロールをかけることも可能になるのではないかと思った。一つ感じたのは、これだけ便利で多種多様なツールを使うには、消費者が自分にとってその機能が必要か否かを検討する必要があるということだ。企業側のアカウンタビリティも大切だが、消費者がより的確に自分のニーズを把握することが第一だと思う。

今野善徳


posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。