2016年07月11日

屋形船FWまとめ

私は今回の屋形船FWを行うに当たって、少し屋形船のことについて調査をしたのだが、実際に乗ってみると、事前の調査だけでは知ることができなかったことを沢山体験することが出来た。今回はそれを簡単にまとめていこうと考える。
屋形船に乗ると聞いたときまず私は、屋形船のような小型の船の中で食事をして、乗り物酔いをしないのか。という疑問を抱いた。しかし、そんなことは全くなく、参加者五十人のうち一人も乗り物酔いを訴える人はいなく、快適に船の旅を終えることが出来た。
しかし、私たち学生にとってネックとなるのが、金額である。そのため今回は一番安いであろうもんじゃ焼きとお好み焼きが提供される屋形船に乗った。
もんじゃやお好み焼きの味はおいしく、とても満足出来るものであったが、そこで問題になってくるのが暑さである。五十人乗りの船の十卓程あるテーブルに一つづつ鉄板が設置されておりそこで自分達で焼くのだが、初夏の暑さになっていたこの日はただでさえ蒸し暑かったのに加えて、鉄板の前に向き合うとなると流石に、風情があるという状況を超えていたように感じた。
そのことについて後のゼミで意見を求めたところ、時期を早くしたらいいのではないかという貴重な意見が出た。例えば、ゼミの新歓で4月に六大学野球を見に行くときの夜に屋形船に行くといったようなものだ。
私は来年このFWのリーダーとなるのだが、その際、このような意見を積極的に取り入れ、FWがより良いものになるように計画をしたい。
高柳陽太
posted by 15たかやなぎ at 14:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。