2016年04月15日

ブルネイホームステイ

スラマットゥンガハリ!

ブルネイホームステイに行ってきたので気づいた事、感想を書いて行こうと思います。

まず最初に空港からホームステイ先に向かうときに感じたのですが車の交通量がとても多く各家庭には車が何台かありました。タクシーやバスはあまり見なかったので観光の際訪れたら少し不便だなと感じました。

イスラム教に対する知識は全くなく、ともに生活して行く中で気づいたり体感した事があります。豚やお酒を口にしてはいけない事は知っていて、手で食べる事もなんとなく知っていました。そして、手で食べる事になんとなく抵抗感がありましたが、
いざ手で食べて見るとすごく食べやすい!
とり肉が食べやすい!
魚の骨が取りやすい!
手で直接食べるのは非常に楽でした。なんとなくホストファミリーに「手で食べてんじゃん」みたいな空気が流れた時は嬉かったです。
また、ホストブラザーのいとこから聞いたのですが、イスラム教にはラマダンとハリラヤというものがあり、ラマダンは一ヶ月間日の出から日没まで食べ物と飲み物を口にする事が出来ない。そして、ハリラヤはお祝いの日の事らしくラマダンが終わったらめちゃくちゃ食べられるそうだ。私には考えられない事だったので、大変かどうか聞いたらそうでもないと行っていました。ラマダンの期間に来い!と言われましたが、少し悩んでおります。

私は海外に行くと食事は本当に楽しみなものの1つでブルネイの食事は基本なんでも美味しかったです。辛い料理が出ることはなんとなく分かってましたが、それでも私の想像を超える料理が1つありました。それが「アンブヤット」です。透明な餅のような塊で最初食べ方がわかりませんでした。するとはしのようなもので絡ませながらソースにつけて食べ始めました。私もマネして食べましたが、ソースが酸っぱかったです。とりあえずワンブロック食べましたが、とても不思議な料理でした。正体はでんぷん?だそうです。

料理を食べて美味しかったらマレーシアでは「スダップ!」と言っていましたがブルネイでは「ニャマン!」というそうです。
またブルネイの人々は日本のアニメやゲーム、J-POPが好きな人が多く驚きました。ホストブラザーやブルネイ大学の学生では「デジモン」が好きな人が多く、キャラクターがかわいいとのことでした!

個人的に楽しかったのは、水上タクシーとホームステイ先の子供達と遊んだことです。
水上タクシーは風が気持ちよく学校や水上モスクをなどを見ながらの移動は非常に良かったです。また、猿も見れました!見れると運がいいそうです。
ホストブラザー、シスター達とはTVゲームやひたすら追いかけっこや、高い高いをしました。疲れましたが喜んでたので嬉かったです。下の子達は本当にかわいらしく、成長した姿が本当に楽しみです。
ぜひまた行きたいです。

14岩見
posted by masutanis at 16:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。