2016年04月12日

ブルネイホームステイ

3/2〜8の期間ブルネイで、ホームステイを体験しました。私自身、ホームステイ自体は2回目だったのですが、イスラム教の国にホームステイするのは初めての体験でした。

ブルネイについてざっくりとしか調べずに行ったため実際に現地に行ったときに驚いたことが幾つかありました。

まず1つ目に、私が滞在中に公共の乗り物をあまり見なかったことです。実際に、現地の大学生に聞いてみると、ブルネイは公共機関が国全体に発達していないためほとんどの人が1台ずつ車を所持しているとのことでした。また、ガソリン代がかなり安く、日本円で1000円ほどで満タンまで入れられるというのもあるそうです。

2つ目に、私が見た限り物乞いがいなかったことです。東南アジアと聞くとどの国にも物乞いがいるイメージで、私が今までに行った国にはかならず物乞いがいました。ブルネイは国民総幸福量が世界で9位と上位に位置しています。豊かな自然と資源に恵まれていることと国王との距離が近いこと(気軽に2ショットが撮れるらしい)、また税金がないということが物乞いかいないということの理由の一つではないかと思いました。

3つ目に、多くの人が日本を訪れたことがあり、日本が好きな人が多いことです。街に出た時、サッカーのユニフォームを私服として着ている人がたくさんいました。(サッカーが人気らしい)
その中で、日本代表のユニフォームを着ている人が割とたくさんいました。また、現地の大学生と交流した時、「日本の歌手の〇〇が好き、日本の〇〇に行きたい」など私が想像していたよりも日本についての知識が豊富だったので嬉しかったです。

最後に、ブルネイの人々は日本のことを知ってくれているのに対し、日本人の多くの人がブルネイについて知らないと思います。だから、多くの人にブルネイには行かなくともブルネイについて知ってほしいと思いました。

瀬崎真那





posted by 14せざき at 11:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。