2015年10月09日

屋久島エコツアー

去年も参加した屋久島エコツアーですが、今年は引率者としての役割もあり、また2回目ということから、去年とは異なる感じ方でした。
今回は研修センターを利用し、1日目2日目にゲストスピーカーの方に講演していただくことで貴重なお話を伺うことができ、最終日の総括で今回の合宿テーマについての皆の意見を聞くことができたのが良かったと思います。

今年も参加しようと感じた1番の要因は、去年の白谷雲水峡のツアーがとにかく楽しかったからです。
去年は大体6~7時間ほどかけて白谷雲水峡のトレッキングを行いました。目に入る自然のひとつひとつを丁寧にガイドさんが説明してくれて、沢をわたる度にそこから見える景色と透き通った水に感動した記憶があります。
今年は天候が悪かったため時間も限られていて、沢を何度もわたることができず、これは残念でした。
去年の白谷雲水峡は視界に入る景色全体を見ている感じでしたが、今年はその景色の中から一部分を切り取って意識して見ていたような気がします。苔って近くで写真撮るとこんなにかわいいのか!!!と感動しました。1回目と2回目では、同じ自然でもそれに対する見方が変わっていて、また去年説明してもらったことを自分が覚えていることに驚きました。
しかし急ぎ足になってしまって、『苔むす森まで行くこと』が目標のトレッキングになってしまったように感じました。

この経験が講演していただいたYNACの松本さんのお話ですごく納得する部分にもなりました。
屋久島は『〜〜は絶対に見た方がいい!』や『〜〜には行くべき!』という観光の仕方ではなく、本来の自然が素晴らしいのだからその〜〜を見ることが目標の観光ではない、ということでした。
これが、苔むす森に行くことが目標になってしまった今回のツアーに当てはまるように感じました。苔むす森に行くこと、よりももっと白谷雲水峡の自然を感じて楽しみながらするエコツアーが最終的な満足度にも繋がるのではないかと思います。

松本さんは最近の屋久島の観光客数の減少について、ガイドの質の低下により屋久島本来の魅力をゲストが感じなくなったことでリピーターが減っていっているのではないかとおっしゃっていました。
屋久島のエコツアーを通して感じたことは、ガイドの重要性です。1人で行ったら見落としてしまうだろう植物も、解説されるとすごく面白いもので、見え方が変わります。
例えば縄文杉を見るためだけのツアーであれば、早く目的地の縄文杉まで行くことが重要になってしまってそういった自然をゆっくり楽しむ、というツアーができないと思います。そうなってしまっては、ゲストはこの屋久島自然の素晴らしさに気付けぬまま、見るべきものを見ることができたという満足だけで終わってしまい、もう一度行こう!ということにはならないのでは、と思いました。

松本さんのお話のYNACの理念の通り、去年のYNACさんのツアーは本当に屋久島の自然を楽しむことができて、また屋久島に行く機会があったらYNACさんにお願いしたいなと思いました。(値段は高くても。。笑)

去年は白谷雲水峡をもののけ姫の舞台となった、というコンテンツツーリズム的視点でしか見ていなかったのですが、1回目と2回目を比較することで屋久島観光に対する新たな視点が得られたと思います。

もうひとつ印象深いのは里めぐりツアーです。地元のおじいちゃんが案内してくれて、ここで暮らす人々にとって当たり前の存在となってるものが観光資源として里めぐりツアーを構成していることを感じました。
しかし、これが観光客の屋久島に求めるニーズと合うかと考えると難しいな、と思いました。
講演してくださった中間集落の区長さんが、体験型のプログラムを組込もうと考えている、とおっしゃっていましたが、そういった体験型の何かが加わるとより楽しいツアーになるのではないかと思います。屋久島観光に来る人の中には屋久杉でお箸を作れる体験工房に行く人もいるし、そういった体験ができるプログラムがあると里めぐりツアーもよりツアーらしくなるような気がします。
時間が限られた旅行のなかで、ゴールデンルートではないものを観光客はどうしたら選ぶようになるのだろうか、と思います。

もし縄文杉が枯れたり災害によって折れてしまって無くなってしまったとしても、屋久島には自然を楽しむことができるツアーが存在します。しかし、無くなったなら目的がないから行かないでいいや!とゲストの屋久島のイメージが無くなってしまうとしたらそれは悲しいことです。
現状では屋久島のイメージが縄文杉であることは間違いないと思いますが、そんな中で縄文杉以外にも魅力がたくさん詰まっている屋久島の魅力をどのように発信していくか、が今後の屋久島観光の鍵になるのではないかと思いました。

また行きたいです!次行く機会があれば、ウミガメが見たいですね。

参加した2年生、3年生、福島先生、ありがとうございました!


3年 竹中玲香


posted by masutanis at 00:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。