2015年10月08日

屋久島

9/14〜17の4日間「分散を妨げるもの」をテーマに掲げ、ゼミ合宿に参加私にとって、今回初めての屋久島訪問となりました。事前に、去年屋久島に行った人達からの話を聞いて、だいぶ期待値が上がっていました。ただ、行く前から縄文杉へ行かないというプランに不満を持ち、縄文杉に行かないなら、屋久島へ行かないと少々反発もしていました(笑)縄文杉へは、隔年で行っているようなので今回、行かないのは計画通りで仕方のないことですが、せっかく屋久島まで来て何故?と思ったほどです。
ゼミ外の友達にも、屋久島へ行くと言うと、「縄文杉を見に行くの?」と口を揃えて言うほど、それだけ、屋久島=縄文杉、屋久島の観光地と言えば、縄文杉というイメージが定着していることがよくわかります。
今回のテーマである、「分散を妨げるもの」として、縄文杉が一つの要因であることがここから考えられますが、ある意味、目玉となる商品(観光地)があることで、観光客を屋久島へ呼び込むことができるので、縄文杉への観光客の集中を頑なに批判することもどうかと思います。縄文杉へ焦点を当てるのではなくて、他に呼び込むための材料は無いのか?を考えること、縄文杉に匹敵するくらいの観光地を作り出すこと、盛り上げることが必要なのではないかと思います。屋久島の方も、縄文杉が分散を妨げる要因と、意識をしているため、縄文杉がどれだけ屋久島にとって重要な存在か嫌でも気がついているはずです。この屋久島=縄文杉の方程式を崩すことは難しいと思います。一気にこのイメージを打破し、新しいイメージを観光客に植え付けさせることは厳しいと思いますが、むしろ、縄文杉をメインにそれに付随する形でこれから売り出していきたい屋久島のイメージ(観光地や商品)を紹介することで、縄文杉以外にも屋久島には見所があることを観光客に伝えていけたら良いのではないかと思います。
その一つとして、私は里めぐりツアーを推奨したいと思います。今回の合宿で、まんてん・平家の里、吉田集落を訪れました。集落の遺跡を見て回りながら、地元の語り部のガイドの方々に地元の歴史、文化、自然、産業などの集落に関する情報を聞きました。吉田集落の成り立ちや背景などを知ることができ、また地元の人と触れ合う機会となったので良い思い出となりました。里めぐりツアーに参加する人は必ずしもその地元について詳しく知りたいからではなく、むしろ、旅による人との交流を求めて参加するのではないかと私は思います。そういう意味では、里めぐりツアーは旅行中に最も地元の人と接近することが可能な機会になるため、やはりネットなど様々な手段でこうしたツアーがあることを知ってもらう必要があると痛感しました。ツアー参加者の年齢層について、若い人から年配の方まで幅広いとのことなので、このツアーには多くのニーズがあることを知りました。旅先での出会い、現地の人との交流を求めることは、どの年齢層においても、同じ考えを持っており、語り部の方も話していましたが、細く長く里めぐりツアーが遂行され続けると良いな、と思いました。屋久島は従来自然寄りの観光が多いですが、人間寄りの里山観光を推進することで、観光客も人との交流の中で屋久島を感じ、縄文杉への一極集中を回避することができるのではないかと考えます。里山観光をすることで、こうした特定の場所からの分散以外にも、今までスポットの当たらなかった地域が注目され、地域振興、再生、活性化に繋がると思います。しかし、里めぐりツアーはまだ定着していないようで、一般的な観光客はこうしたツアーがあることも知らないと考えられます。より全面にこうしたツアーを紹介していく必要があると思います。また、ツアーの申し込み〜当日の流れより、遂行される場合、現地集合、現地解散とあったので、屋久島における交通の便を考えると参加したいと考えても、自力で現地へ向かうことが難しく、申し込みに至らないのではないかと思いました。
今回の合宿で、屋久島には屋久杉以外にも様々な観光資源が存在することがわかりました。つまり、屋久島は特定の観光地からの分散を握る要素が多くあり、観光資源の宝庫であるということです。しかし、屋久島=屋久杉という先行イメージからなかなか抜け出せずにいます。原因の一つとして、その他の観光施設の設備、交通の便の整備に手が行き届いていないことや、アピール不足に問題があるのではないかと感じました。他の観光地に観光客を取り入れるためには、観光地として最低限の設備を整える必要があると感じました。

中村恵


posted by 13なかむら at 00:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。