2015年09月23日

マレーシア合宿

3年の御所脇です。
9/3−8でマレーシアに行ってきました。3の夜にKLに到着し、その日はセントラルにあるホテルに宿泊し、翌日4にKL Express高速鉄道に乗りPerak州Ipohに向かいました。

恵まれたことに私たちが借りたシェアハウスはその辺一帯の中でも高級なところで、、、というのは置いておいて、有名なRotiとTeh Tarikを食した後は初日からUTARの生徒との交流をしたり、キャンパスツアーをしてもらいました。ちなみにUTARはIpohではないです。
5はKinta Tin Mining Musiumを訪れ、錫工業の歴史を学んだ後に、再びUTARを訪問し、ホームステイや日本食についてのプレゼンからひたすら日本語クラスのチューターまで、学生との交流を多くしました。夜はUTARの学生にナイトマーケットに連れて行ってもらい、マレーシア経験者の私でも初めて目にしたおもしろいものをたくさん食べることができました。
6は朝からIpohに向かい、街歩きをしました。駅周辺にはたくさんの歴史的な建築物が残っていました。Ipohは、日本も関わった戦争で多くのイギリス人が亡くなったためにその石碑があったり、日本人の売春婦やアヘン問題などのダークな一面もある場所でした。また、極楽洞やケリーズキャッスルを訪れるなど観光らしい観光もすることができました。
7は再びKLに戻り、プトラジャヤサイバージャヤに向かいました。そこではプトラジャヤのピンクモスクやレインボーに光るブリッジがあったりと綺麗な夜景を楽しんだり、かの高級ながあります。大変好運なことに、そこで比較的安価にホテルインスペクション(ホテル滞在)をさせていただくことができました。

現地で感じたこととしては、UTARで中華系、インド系以外(マレー人)の学生を一度も目にしなかったのが大変印象的でありました。服装にムスリム基準の規定があったり、教員にマレー人は存在するものの、私立であることから民族比(※ブミプトラ制度)の規定は特になく、ほとんどが華人で、一部インド人という感じでした。マラヤ大では華人とマレー人が一緒のグループになって仲良くしている姿を見ませんでしたが、UTARでは、華人とインド人で仲良くしている姿を見かけることがありました。マレーシアの学生で日本に興味がある学生は、日本語のレベルに差はあるものの、皆日本のアニメにすごく詳しくてネットなどで日本のアニメ文化に触れているようでした。いつも思うことなのですが、私自身がアニメについてほとんど無知なので、もっと知っていればよりスムーズに交流ができるのだと思います。

ついでですが、Ipohは美食の街と言われてるだけあって、もやしチキンやホーフェンがとっても美味でした。機会があれば(多分ないですが)、また訪れたいです。


posted by masutanis at 23:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。