2014年06月12日

グローバルスタンダードFW

image.jpegimage.jpegimage.jpeg6月8日日曜日に世界遺産登録目前の富岡製糸場にフィールドワークしに行きました!

今回場所が遠いということで初めて貸切バスを利用しました。ありきたりですが、計画性を持って取り組むことは大事だなと身を以て感じました!笑 バス会社の予約が埋まってしまったり、昼食を予定していたお店に連絡が取れなかったり、自分だめだなーと落ち込むこともありました(´・ω・`)次のFWは余裕を持って取り組みたいと思います。笑

さて、FW当日は遅刻者0で!9時に池袋を出発し、錦山荘という自然に囲まれた温泉旅館で昼食を食べました!群馬名物のおきりこみという太いうどんを食べました( ´ ▽ ` )うどんもあってご飯もあって、お腹いっぱい満足でした!


そして、13時過ぎに富岡製糸場に到着しました。バスを停める駐車場には雨ということもあり、観光バスも乗用車もちらほらという程しか停まっていませんでした。

駐車場から少し歩いて受付でチケットとガイドブックを貰ってガイドツアー!20名以上の団体にはボランティアのガイドさんが専任で約40分のガイドツアーをしてくれますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

上の写真がツアー最中の様子!
ガイドさんの傘には“富岡製糸場を世界遺産に!”という文字があり、世界遺産への意気込みが感じられました!

ツアーでは一つ一つの建物の歴史的背景、どんな価値があるのか、どんな使い方をしていたのか、事細かく教えてくださいました。とても分かり易く、説明されないと正直よく分からない建物や器械ばかりだったので、勉強になりました。

ガイドさんのお話しによると世界遺産勧告を受けてから、やはり物凄く観光客が増えたそうです。私たちが行った8日もあの大雨にも関わらず、約3千人の観光客が来場してたらしく、連休明けには約8千人も来たらしいです ..。少し前までは3千人というと非常に多い来客数という認識だったみたいですが、今では通常か通常より少し少ないくらいに認識が変わったそうで。その急増した観光客に対して、ガイドさんは現在60人しか居なくて、人手が全然足りてないみたいです。世界遺産の影響ってこんなにも大きいのかと実感しました。

また現在富岡製糸場内にはお手洗いが一箇所しかなく、ガイドさんの人手不足も併せて、今後より増加するだろう観光客を受け入れる体制が万全とはいえない状態だと感じました。来週には正式に世界遺産登録される予定です。今後の動向にも注目して、引き続き情報集めをしていきたいと思います!

富岡製糸場を見学したあと時間があったので、今回登録予定の「富岡製糸場と絹産業遺産群」の4資産のうちの高山社跡に行きました!

見学時間が16時までで既に門は閉まっていましたが、横から入れちゃったので外見だけ見学しました(笑)

正温育という養蚕方法の開発とその普及教育を行った高山社の跡で、一般的な昔の家という印象を受けました ..。

富岡製糸場、高山社跡含め4資産は決して近い場所にある訳でなく、点在しています。また見学時間が大体16時までだったり、交通の便があまり良くなかったりと、4資産すべてを1日でまわるのは厳しいと感じました。4資産をまわるツアーとか今度探してみます\(^o^)/

長くなりましたが、報告は以上です!次のFWは7月13日の航空科学博物館です。トラライと一緒に行きますよ!たのしみです( ^ω^ )

3年グロスタリーダー 榎本絢子


posted by masutanis at 12:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。