2014年05月06日

秋葉原FW&国内合宿

5月1〜2日に秋葉原にてフィールドワーク、
飯田橋のセントラルユースホステルにてプレゼン合宿を行いました。

朝10時半に電気街口に集合し、UDXの案内所が開くまで地下2階の駐車場へ行き、実際の痛車とスナップ写真を見ました。(痛車とは、車体にアニメ、映画キャラなどのステッカーを貼ったり、塗装などを施して装飾した自動車のこと。)

写真 2014-05-01 10 56
25.jpg
UDXが痛車の聖地として有名になったのは、もとは痛車オーナーの駐車場利用マナーを向上するためだったといいます。彼らの愛する痛車のスナップ写真を撮影して飾ったり、Facebookで公開するなどして、痛車オーナーの交流の場、大切な場と認識されるようになり、マナーも向上し、多くの痛車が集まることから『痛車の聖地』となりました。過去には痛車を対象とした駐車料割引も導入していたこともあるとか。

11時に観光案内所に行きました。観光案内所とはいってもさすが秋葉原という感じで、半分以上のスペースがアニメグッズの販売に使われていました。秋葉原の地図やガイドブックは日本語の他に、英語、中国語、韓国語等が用意されており、その後のフィールドワークにおいても外国人の方がたくさん観光に来ているなあと感じました。

写真 2014-05-01 11 25
41.jpg
案内所でもらった地図を手に、線路下にずらーっと並んでいる電気屋さんに入りました。
たくさんのいろいろな種類のパーツが売っていました。昔、これらのパーツを学生が買いに来て、ラジオを作って売ったというのが電子機器の町秋葉原の始まりの姿らしいです。そんなわけでお店の中には神棚があって、先生に連れられて拝んできました。中にはショーケースを置いているお店もありました。(貸出のショーケースで、借りている人が中に好きなものをいれて飾ったり、値札をつけて売ったりしている。)電気屋さんということもあって、アニメのキャラクターのフィギュアなどはほとんどなく、カメラや時計、昔のお金など、電気系のものや、レトロなものが多かったように感じました。ほかの場所にもショーケースはたくさんありましたが、置いてある場所はどこもショーケースの中身によって場の雰囲気が作り出されているように感じました。利用者にとっては、自分のショーケースが場の雰囲気の一部を作っているということも魅力的なポイントなのかな、と思いました。

次に、今回「秋葉原ラジオ会館」が建て替えのために、中に入っていたお店が一時場所を変えてやっているということで、そんなお店の一つであるボークス秋葉原ホビー天国に入ってみました。
3階には、「スーパードルフィー」という人形が売っていました。出来上がっているものや人形用の洋服の販売などもしているようでしたが、一番印象に残っているのは、体のパーツごとに売られているコーナーで、目の大きさ、胸の大きさ、脚の太さなど自分で選んでカスタマイズできるようになっていました。スーパードルフィーについての紹介の文に「あなたがあなた自身の手でこの世に現出させることができる、もうひとりのあなたという存在」とかいてあって、一種コスプレのようなもので、身体の部分というレベルからなりたい自分を創出することができるものなのかな、と思いました。1階にはショーケースがたくさん並んでいました。こちらは、アキバ!っていうイメージ通りのアニメキャラクターのフィギュアやアイドルの生写真などが多かった気がします。男性客がたくさんいました。私たちがショーケースについて話しているのがとてもうるさそうで、こういうところでは一人で静かに見たい人が多いのかな、と思いました。

私はこのフィールドワーク中にパソコンを買うことも目的の一つにしていたので、先生に連れられて、いくつか電子機器の売っているお店にも入りました。5千円のものから11万円のものまで値段的には幅広くあり、詳しい人じゃないと、来てもどのパソコンが使えるものなのかわからないと思いました。結果的に1万5千円程度で先生いわく結構いいパソコンが買えたのでよかったです。

立ち寄った免税店では、階ごとにターゲットにしている客層が違い、置いてある商品からもそれが読み取れておもしろかったです。1階には電化製品など、いわゆる近代の日本文化を象徴するもの、地下一階には「侍」グッズや富士山、着物、刀など、昔の日本文化、または「日本」を象徴とするものが置いてありました。それぞれ、中国人、欧米人をターゲットとしているとのことでした。

昼食は、中華料理店で食べました。私は鶏肉の米麺?みたいなのを注文しました。ちょっと酸っぱくて不思議な味でした。健康に良さそうだな、と思いました。

その後は、元祖メイド喫茶や、本屋、コスプレ衣装屋、地下アイドルの活動場などが入っている6階建てのビルを見ました。

写真 2014-05-01 16 02
40.jpg
最後に万世橋を見学しました。万世橋にまつわる話を聴いたり、橋がecuteとして利用されているようすなどを見ました。おしゃれで、再利用?がうまくいっていて、まちづくりのいい例なんじゃないかと思いました。
写真 2014-05-01 16 28
05.jpg
駅に向かう途中には木造建築の古い建物をみました。趣があってすごく素敵だと思いました。
何屋さんなのかよくわかりませんでしたが、老舗感が出ていて、高そうな印象を受けました。

プレゼン合宿について
宿泊場所は飯田橋のセントラル・ユースホステルで、個人的にはユースホステルに泊まることが初めての経験だったので、とても楽しかったです。2人部屋だったので、2段ベットは1つで、ソファ、テレビ、机、トイレ、洗面台が部屋ありました。5人部屋と比較したら、とても広々していました。
写真 2014-05-01 22 23
43.jpg

肝心のプレゼンですが、一晩でだいぶ周作人について詳しくなりました。6人くらい周作人についてプレゼンをしてくれましたが、全員のプレゼンに他の人のプレゼンにはなかった情報が何かしら入っていて、飽きることなく聞くことができ、大変面白かったです。皆着眼点や、重視している情報の比率が違っているな、と感じました。自分は上橋菜穂子さんについてのプレゼンをしました。文字通り1夜漬けで作ってしまい、参考文献を読むこともできなかったので、次回までに、今回質問されたことや、必要だと思う情報を取り入れ、充実した内容でプレゼンができるようにしたいです。

今回のFW及びプレゼン合宿は学ぶことが多く、とても充実した2日間でした。

2年 町田 恵


posted by masutanis at 11:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。