2014年05月06日

秋葉原フィールドワーク

5月1.2日に初のゼミ国内合宿を行いました。
1日目は秋葉原でのFWでした。
まず秋葉原UDXの駐車場で痛車の見学をしました。その日は一台の痛車しか発見することができませんでしたが、駐車場の壁には様々な痛車の写真が飾られていて、それぞれの痛車の個性の強さに驚きました。また、見つけた痛車が鳥取ナンバーで、かなり遠くから秋葉原へと足を運んでいる観光客がいることがわかりました。
また、この秋葉原の地に昔は神田青果市場と呼ばれる市場があったということも知り、とても驚きました。
その後は観光案内所にいきました。
日本語に加え英語、中国語、韓国語のパンフレットがあり、秋葉原には海外からの観光客も多く訪れることを表していました。
その後は免税店や電化製品を取り扱っているお店へ行きました。このお店では外国人の姿を多く見かけ、店員も中国人でした。地下には日本語の文字が書かれたTシャツや扇子などが売られており、安い電化製品に加え外国人向けのお土産が沢山売られていました。
その後に旧万世橋駅を見学しました。そこでは1912年の万世橋駅開業時に作られたホームへの階段を上ることができ、ホームをデッキとして蘇らせた場所やマーチエキュートがありました。かつては駅として栄えていただろう場所におしゃれなカフェや雑貨屋が立ち並んでいて、現在まで残る駅の面影に歴史の移り変わりを感じました。

プレゼンでは自分の発表する内容についてあまり深く調べられてなく、周りの人からの質問に答えられなかった部分が多かったので、その部分を踏まえて次までにもう一度しっかりと調べ直したいと思います。他の人のプレゼンを聞いている中で、参考にしたいと思うような良いプレゼンがたくさんあって勉強になりました。それらを参考にしてもっと良いプレゼンができるようにしたいです。


2年 大橋果奈


posted by masutanis at 11:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。