2014年05月06日

アキバフィールドワーク、国内合宿1

私たちは5/1、5/2にかけて初めてのゼミ国内合宿に行きました。一日目は秋葉原においてのフィールドワーク、そして一日目の夜と二日目のお昼までプレゼンテーションを行いました。
まず、アキバフィールドワークについて書きたいと思います。私たちは秋葉原駅の電気街口に10:30に集合し、秋葉原UDX二階にあるAKIBA_INFO.という観光案内所のような所へ行きました。そこではいくつかアニメキャラクターのグッズが売ってあり、ジブリのキャラクターのグッズも販売されていました。この観光案内所には様々な言語での観光案内のパンフレットやマップが置いてあり、日本人だけでなく色々な国からの観光客が訪れて来るということが感じられました。次に私たちはその建物の地下駐車場に行き、痛車を探しました。そこには様々な痛車の写真が飾られていて、私たちも一台痛車を発見することができました。わたしは痛車というアニメキャラクターがデザインされた車があるということを知らなかったので、初めて生で痛車を見てびっくりしました。次に電気製品の部品が沢山売られているお店がずらっと一列に並んでいるところへ行きました。このようなお店が秋葉原の電気街の始まりだったということを先生から聞いて、この小さな商店のようなお店から巨大な電化製品のお店が立ち並ぶ今の秋葉原になったということに驚きました。
私たちは次にレンタルショーケースで様々なものが展示され販売されているところへ行きました。コレクターがショーケースをレンタルして販売しながらコレクションを展示するという販売方法は興味深かったです。私の印象に残ってるいるのはその後にみたドルフィーという人形が販売されているところでした。足、体、腕、目玉、顔と全てのパーツを自分でカスタマイズできて面白そうだと思いましたが、全てのパーツが驚くほど高くこれを集めていくコレクターはすごいなと思いました。
その後私たちは中央通りを歩き免税店へ向かいました。そこでは日本では使用できない電化製品が中国人観光客向けに販売されていて、その下の階ではヨーロッパからの観光客向けに日本の伝統品などの土産物が販売されていました。ガチャポン会館の上の階にあるキュアメイドカフェというところは元祖メイドカフェという雰囲気のところだと聞いていましたが、私が想像していたよりも普通のカフェに近かったです。
次に私たちは旧万世橋駅に行きエキュートと交通博物館を見学しました。川の水は汚かったですが、エキュートの中はとてもおしゃれでした。神田淡路町にある昔ながらの建物が残っている通りは素敵な雰囲気なところでした。東京大空襲を逃れた木造建築の建物が今でも数軒残っているのはすごいことだなと思いました。
私は今まで、電車の乗り換えでしか秋葉原駅に行ったことがなく、秋葉原の街をこんなにきちんと観光したのは初めてでした。巨大な家電製品の店が並んでいるところや、オタクっぽいグッズが並んでいるお店などの秋葉原のイメージ通りのところもあれば、こんな所が秋葉原にあったんだというような古くからある雰囲気の良いところもあって秋葉原って面白い街だなと思いました。この秋葉原でのフィールドワークを通して様々な新たな発見があったので良かったです。

アキバフィールドワーク後、私たちは飯田橋駅の東京セントラルユースホステルに行き、22時過ぎまで立教大学にゆかりのある作家・クリエイターについてのプレゼンテーションを行いました。私はほかにも多くの人が選んでいた周作人についてプレゼンしました。みんな同じ人についてプレゼンしていても、それぞれ何か新しい情報があったので良かったです。短期間で作家について詳しく調べ、パワポを作り上げ、質問に答えられるようになるのはとても難しいことでした。私はきちんと答えられない問題もあったので、今回のプレゼンで見つかった課題について再度調べてこの作家への理解を深めたいと思います。

2年 太田 ゆか


posted by masutanis at 10:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。