2014年05月06日

国内合宿1を終えて

私たちは5月1日、2日に初めての国内合宿を行いました。まだゼミが始まったばかりなのに、こんなに早い時期から合宿を行うということで最初は正直驚きました。まず初日は秋葉原にてフィールドワークを行いました。秋葉原には何回か訪れたことはありましたが7時間というかなり長時間に及ぶ滞在はもちろん初めての経験でした。
私の中で特に印象に残っているのはドルフィーという人形です。この人形は洋服はもちろん、髪型から目玉、体のパーツのすべてを自分で選び、カスタマイズすることができる人形のことです。見ている分にはとても可愛くて私も作ってみたいと思ったのですが、パーツ1つ1つの値段が一万円以上しているものがざらにあり、値段の高さに驚愕しました。また、レンタルショーケースという販売方法が盛んに行われていたことも印象的でした。ショーケースいっぱいに珍しいフィギアやアニメグッズ、ブランド品や電気製品まで様々なものが展示されていて、見ているだけでとても楽しめました。このように自分の売りたいものを透明なショーケースを借りて売るという販売方法は非常に面白く、興味深かったです。
そして、万世橋の方面には昔ながらの風情ある建築物が立ち並んでいて、オタク街とは全然違った秋葉原の側面を知ることができました。高架下を利用した商業施設にはとても趣を感じ、秋葉原にこんな場所があったのかと驚きました。次の機会で秋葉原に来た時にまた訪れたいです!このように秋葉原は日本人だけでなく外国人も楽しむことができる、インバウンドに適している地なのではないかと思いました。

続いてホテルでのプレゼンについてですが、私たちは「立教にゆかりのある文学者」をテーマに話し合いました。私は10分間に及ぶプレゼンを今までにしたことがなかったので、かなり不安で緊張していました。私は伊集院静という作家についてプレゼンしましたが、十分な情報を集めることができず、何より作者の本を一冊も読まずに発表に至ったためかなり未熟なプレゼンになってしまったなと反省しています。知識不足により質問を受けても完璧に説明することができませんでした。よって今後は先生方の助言を参考にしつつ、自分なりに本を読み進めてさらに深く作者について調べていこうと思います。また、他の人の発表を聞いて、限られた時間の中でかなりまとめあげていてすごいなと思いました。自分とは違った視点で説明していたり、様々な立教の文学者についての話を聞けたので興味深かったです。二日間にわたるハードな合宿、お疲れ様でした!

2年 染谷 花歩


posted by masutanis at 01:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。