2014年05月06日

アキバFW・国内合宿

5月1日から2日で初の国内合宿でした。
1日の朝秋葉原に集合してフィールドワーク!
駅前で集合写真をとって、痛車の聖地と呼ばれる地下駐車場へ行きました。1台しか見られなかったけど、エレベーター付近の壁に痛車スナップが掲示してあって、凝ってる車がたくさんあってすごいと思いました。
次にAKIBA_INFOに行きました。アニメのグッズなどが売ってて、ジブリとかわたしたちにも馴染みのあるアニメのグッズもありました。ここは観光案内所にもなっているらしく、マップとかもたくさん置いてあって、日本語だけでなく英語、韓国語、中国語などで書いてあるものもありました。
そのあとは大きい通りに出て、ビルにアニメのキャラクターが描かれてたりしてザ・アキバって感じでした。
まずちょっと裏通りに入ったとこにある中古ロードに行きました。もともとのアキバらしいパーツ販売の専門店街やショーケースで中古品の販売をしてる通りでした。トランシーバーとか盗聴器とか売ってたり、ちっちゃい部品とかLEDライトとかがあったり、中古品のショーケース販売してるところでは昔の写真が貼ってあったり演歌が流れてたりして昭和な雰囲気が出てました。旅行客にはおもしろいだろうなと思いました。中古のカメラがかわいかったです。その建物の2階には神棚があってしっかりお参りしてきました。けいが写メ撮って、撮影禁止だよって注意されてました(^_^)笑
その向かいの建物がアニメキャラのレンタルショーケースとかフィギュアとかが置いてあるお店でした。3階はリカちゃん人形みたいな人形の、パーツとか服とか目とかが売ってたり展示してるお店でした。2階が進撃の巨人とかセーラームーンとかのフィギュアとかが売ってたり、電車とか戦艦とかが売ってて、1階はほんとにショーケースばっかでいろんなフィギュアとかカードとか売ってましたが、わりと激しい感じで衝撃的でした。←

大きい通りに戻って、中古のパソコンとかのお店入ったり旅行客向けのお土産屋さんに入ったりAKB劇場の前通ったりして、元祖メイドカフェのお店を見学に行きました。1階がガチャガチャ専門店?みたいになっててその上の階にメイドカフェはありました。予約制になってて、この日の整理券は完売で見学も禁止だそうであまりじっくりは見ることができませんでしたが、思っていたよりは落ち着いた雰囲気で、かわいい人もいませんでした。それより道端でメイドの服着て呼び込みしていたお店のほうが、一般の人が思っているような萌えって感じのメイドカフェのような気がしました。

お昼ご飯を食べて、午後はパソコンや電化製品とか売ってるお店や、アイドルやジャニーズのグッズが売ってるお店に行ったあと、鉄道博物館と万世橋に行きました。鉄道博物館は東京駅の設計者と同じらしく、外観が東京駅に似ているところがありました。万世橋の横を流れる川がすごく汚くて残念でした。
神田淡路町には昔ながらの建物があって、奇跡的に空襲をまぬがれた建物だということでとても歴史を感じました。すごくすてきな通りでした。一見普通のビルが重要建築物に指定されていたりもしました。木造建築物の向かいに現代的なビルが並んでいたり交通量の多い通りがあったりで、新旧建築物の融合ともいえるのかなと思いました。

飯田橋のユースホステルに移動して、18時から21時まで立教にゆかりのある作家・クリエーター"というテーマでプレゼンを行いました。周作人について調べた人が多くて1日目の半分は周作人についてでした。調べた人は同じでもみんなそれぞれ着眼点がちがくて聞いていて飽きなかったです。
わたしは村山由佳さんについて調べました。選んだ理由は特になかったのですが、市原隼人さん主演の映画の原作や直木賞を受賞している作家さんでした。余ると思っていたらむしろ時間が足りなくなってしまって、ぐだぐだなプレゼンになってしまいましたが、紹介した作品を見てみたくなったと言われうれしかったです。
ユースホステルに宿泊したのは初めてでしたが、GWというのもあってか外国人の方が結構いて2日目の朝には浴衣を着ている女の子もいてかわいかったです。cute!って話しかけたら嬉しそうにThank youって返してくれました。意外と良い交流の場なのかもしれないと思いました。
2日目は朝9時からプレゼンを行いました。夏の海外合宿で訪れる中国延辺出身の作家の紹介や聞いたことある作家の紹介があったりしておもしろかったです。
この国内合宿を通してメンバーとの交流を深められたと思うし、秋葉原のフィールドワークも普段見れないようなマニアックなものから日本らしいものまでいろいろなものが見られて楽しかったです。

2年 中野瑞希


posted by 13なかの at 00:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。