2014年04月25日

ブルネイホームステイ


だいぶ遅くなってしまいましたが、ブルネイホームステイについて書きます。

私のホームステイ先は男子3人女子1人受け入れで、何も情報がないというかなり不安な状態でブルネイに向かいました。ちなみにブルネイへはLCCで向かいました。初LCCでしたが、思ったよりは狭くなく、機内が寒かったのが印象的でした。

ブルネイでホームステイ先の家に着いてみると、予想をはるかに超える大豪邸でした。車は高級車が10台程あり、ハウスキーパーさんが3人以上居て、全部屋にシャワートイレ完備でした。私の泊まった部屋は子供部屋だったのですが、ベットが3つにNHKが映るテレビがありました。家のすぐ近くにはモスクがありアザーンというお祈りの時間を知らせる放送が流れてきました。特に毎朝5時代にアザーンが流れてくるので、毎朝アザーンで起きてました。

私のホームステイ先では長男のアブーと次女のキコが色々と連れ回してくれました。そのため他のゼミの人に比べブルネイの若者の文化に触れる機会が多かったように感じます。
ブルネイ大学、結婚式、農場、水上集落、モスク、モール、モーニングマーケットなど色々な所に連れて行ってもらいました。
ブルネイ大学はキコが通っている大学なのですがとても広く、休み時間中次の授業の棟に向かうのに車を使うと言っていたのに驚きました。また大学生がみんな車を持っているという点にもブルネイの豊かさを感じました。
農場はとても広く、クロコダイルやバッファローを間近で見ることができました。

ブルネイではどこかに出かける度に一度家に帰って、シャワーを浴びておいでと言われました。大体1日に2,3回はシャワーを浴びる時間をくれ、ブルネイの人々は綺麗好きなのかなと感じました。

ムスリムの人々と今まで触れ合ったことがなく、行くまで少し不安だったのですがそれほどイスラム教を信仰している!というのを感じることはありませんでした。
お祈りしているところも、一度だけモスクに行った時アブーがしているのを見ただけで、いつもいつお祈りをしているのか疑問に思っていました。
しかし帰国してから考えると、シャワーを浴びるために帰っていた時間に毎回外からアザーンが流れていたため、お祈りの時間には家に帰っていたことに気付きました。これは私達にはあまり見せないようにお祈りをしていたようにも感じます。

もう一つ、ブルネイではイスラム国家だったためできるだけ肌の露出が少なくなる服装を心がけていました。しかしテンブロンの帰りに短パンしかなかったため短パンで帰った際、肌を出すことに罪悪感を感じている自分に驚きました。また私はブルネイのホームステイが終わった後ベトナムに行ったのですが、ベトナムに着いすぐ、女性がタンクトップに短パンという服装をしていたのがだらしない格好に見えてしまったことにも驚きました。ムスリムの人が肌を露出している女性を見る感覚もこんな感じなのかな、と思いました。


とても濃厚で貴重な経験ができた1週間でした。ホームステイの準備をしてくれたさやをはじめ、一週間一緒に過ごした三人、ホストファミリーに感謝!

しみずゆりか


posted by masutanis at 10:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。