2014年04月21日

ブルネイホームステイ


とても遅くなりましたが、ブルネイホームステイについて書きます。

ホームステイしたことないからやってみたい!という軽い気持ちで行くことを決めたブルネイホームステイ。お恥ずかしながら、このゼミに入るまでブルネイという国があることすら知らなかったので ブルネイがどんな国でなんの宗教を信仰しているのかなど知ることから始めました。

ブルネイはイスラム教国です。
イスラム教は豚肉禁止 、お酒禁止、露出禁止!と規則が多かったり、毎日決まった時間にお祈りしないといけなかったりするので、とても厳しい宗教だというイメージを強くもっていました。なので実際にブルネイに行くまで 1週間生活できるか不安でした。どんなご飯がでてくるんだろう、私たちも一緒にお祈りしろって言われるのかな、この服ダメって言われるのかな、なんて色々考えながらブルネイに向かいました。

実際一緒に生活してみると、想像してたのと全然違って驚きました。お祈りはしているみたいだけど、してるところは一度も見れなかったしお祈りをやらされることもなかったです。

なにより驚いたのは みんなの食べる量。
私の家は朝、昼、夕方、夜の1日4食でした。それぞれ それなりにボリュームがあるため、完食するのが大変でした。完食するのに精一杯な私たちを横目に、笑顔でおかわりをしているお父さんや娘さんには ただただ驚きました。イスラム教には断食しなければいけない期間があるけれど、食欲旺盛な人たちにとって断食生活はとても辛そうだと思いました。


ホストファミリーはこっちの料理に挑戦させてあげようと、いろんな種類の料理を作ったり頼んだりして 私たちに食べさせてくれました。ちなみに私のお気に入りは牛肉使ったバルータ(?)ってやつです。伝統料理アンブヤットは私のお口には合わなかったです。!




私の家族は三女のDELLが帰ってこないと外出しないのがほとんどだったので、午前中はお話したり、のんちゃんとマレー語覚えたりしてすごしてました。

ブルネイの中学校は日本と違って授業の開始が早いです。その分早く授業が終わります。7:30から授業が始まってお昼には終わり、放課後は補習らしいです。金曜日と日曜日はお休みで、そこは補習日として使われているみたいです。学校の仕組みもやっぱり日本と違って聞いてておもしろかったです。

お昼過ぎてからか、夕方からの外出ばかりだったのでブルネイのありとあらゆる場所を回るというよりかは、家で娘さんたちと話したりお留守番したりと家でゆっくりしてることが多かったです。これは私の家だけかもしれませんが、娘さんたちはみんな携帯やタブレットが大好きでずっとゲームしたり、誰かと連絡をとったりしてました。暇な時間はだいたいテレビを見てるか、ゲームしてるかのどっちかであまりアクティブではないんだと思いました。他の家の人はどうなんでしょうか。


たった1週間のホームステイでしたが、新しい発見があったり、新しいものに挑戦できたりして楽しかったです。
ホームステイをするにあたり準備してくれた さや、私たちをあたたかく迎えてくれたホストファミリー、関係者みなさん ありがとうございました!

話がまとまってなくてすいません。
そして夜遅くに失礼しました。

岡田茜衣


posted by masutanis at 01:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。