2014年04月04日

オーストラリアホームステイ

ブルネイのホームステイの後続いて3月9日〜23日までオーストラリアのパースでホームステイしてきました。

まずこっちのホームステイは、ブルネイと違って相互ホームステイだったので1月下旬から2月上旬にかけて先にオーストラリアの人達が日本に来て日本人が受け入れを行ってから、私たち日本人がオーストラリアにホームステイしにいくという形でした。

最初にロータリーの人が、先に日本人が受け入れをすることでオーストラリアの人は日本人のおもてなしに感動して、日本人がオーストラリアでホームステイするときもよくしてくれると言っていたのがすごく心に残っています。
確かにパースでホームステイしていたときも「日本でお世話になったから」という理由とかで本当にオーストラリアのメンバーには良くしてもらっていたので、もしホームステイ受け入れの順番が逆だったら何か違ったのかなと気になりました。


オーストラリアで主な観光地や遊び場として連れて行ってくれたのはビーチやパークなどで、自然がたくさんある場所が多かったです。

案内してもらうときにオーストラリアの人から「日本はユニークだけどオーストラリアは日本に比べて文化がないから」というようなことを度々言われたのを覚えています。
確かに日本を案内したときを思い出してみると、自然よりも秋葉原や浅草とか人が生み出した文化が強い街が多かったように思います。食事も日本食は他国にない種類が多いし、パースとブルネイ両方で日本食のお店が人気みたいで結構見かけました。
ブルネイとオーストラリアに行ってみて、外国人のいう日本はユニークとか文化が豊かっていうのが少しわかった気がしました。


自然以外の観光場所として、パースとブルネイどちらでも宗教上の建物を見に連れて行ってもらいました。
ブルネイではモスクに、パースでは教会に連れていってもらいました。
マレーシアに行ったときとか今までもその国の宗教の建物を見に行っていたけど、改めて考えると私達がその宗教の信者ではないことを知っていて、観光地として全部連れて行ってもらっていたので、宗教も強く観光に影響するのだと思いました。

また、ブルネイでは私が滞在した先が大家族というのもあってみんな家族や親戚の誰かしらと一緒にいることが多くて、ブルネイの人は家族愛が強いと思いました。これはたぶんイスラームという宗教が関係している部分も多いのかなと思います。
オーストラリアの人達ももちろん皆家族を大切にしていたけど、どっちかというとオーストラリアの人達は自立を重視しているようにみえたのでその違いが面白かったです。


この3週間のホームステイでは本当にたくさんの貴重な体験をさせてもらいました。
外国での生活を体験することで日本と比べて物事をみることが多くなったので、今まで気づかなかった日本の特徴など日本について前より知れたような気がします。
ホームステイをしたことで普通の旅行だと体験出来ない現地の生活を送れたし、それがホームステイの醍醐味だと思いました。

それとブルネイのホームステイではゆうきさんをはじめ3年生にたくさんサポートしてもらって助けてもらったので本当に感謝しています!ありがとうございました(*^^*)

大隈小夜


posted by masutanis at 14:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。