2013年12月25日

日アジ 遊就館FW

 遊就館 入口.jpg
 12月22日にプロジェクト日アジの一環として靖国神社内にある遊就館を訪れました。FWの目的としては領土問題を扱う中で「日本の右翼思想の根源に触れてくる」ということで一応の設定をし、今回は2時間で遊就館を一周するコースを係の方に組んで頂きました。館内に入ってすぐ過去の特攻隊機の0戦の模型が私たちを出迎えてくれました。遊就館にはそうした明治以降から太平洋戦争終了時にまで使用した武器や戦闘機の模型が実物大で多く展示されています。そうした展示品の数の多さを受けて『軍国主義』や『戦争賛美』と少し偏った解釈をしてしまう人がやはり多いのか係の方から、「本日は先入観をひとまず忘れて、国を守るために戦った過去の日本人の精神を学び今後の自分の人生の指針に欲しい。」という一言がありました。館内は終始視覚に訴えかけてくる展示品が多く歴史の授業を通じては教わらない話を多く聞き、飽きることなく2時間のツアーを終えました。ツアーの序盤に英霊として祀られている過去の元帥全員の写真が展示されている部屋があるのですが、どこからか自分の中にもナショナリズムが湧き上がってくるような感覚に襲われたのが印象に残っています。ツアーを通じて、過去の日本人の持っていた愛国心は現代と比べると異質なほどにその重みが違っていたことが係の方の説明からは伺えると思います。先に絶った仲間を思い自ら特攻隊に志願する人々の話などからは特にそうした印象を受けることでしょう。また同じ年代の少年にもそうした国を守る思いがあったことは今の日常の生活の中では考えもできないと思いました。彼らは今の私たちの平和な学生生活をどう捉えるのでしょうか。
 遊就館は「戦争賛美」や「軍国主義」を連想させるものでは決して終わらないと思います。あれだけの展示品があるのだから確かにそうした偏った見方をしてしまうのも頷けます。しかしながら、日本の歴代首相のスピーチにもあるように私たちは過去に自らの命をかけて家族や国の為に戦った人が、日本という国の土台を作っていることは紛れもない事実であり、過去の死を無駄にしないためにもそうしたメッセージは最低限日本人として受け取るべきなのではないでしょうか。そうした大前提を共通認識とした上で過去の日本の功績を誇りに思うか、批判的な目を向けるかはまた個人それぞれの解釈としてお互いを尊重していくのが理想的であると感じます。今の日本の歴史教育では得ることのできないメッセージも感じるためにも一度足を運ぶ価値はあると思います。
 また遊就館は最近、私たちのような大学のゼミ活動の一環として訪れる人々ばかりでなく、修学旅行の目的地の一つに設定している学校も多くあるそうです。私としては再びそうした行動が日本の憲法にも記されている「宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」との項目に反するかどうかの議論の熱が上がり、靖国神社含め、遊就館は今後も日本のメディアの注目を浴び続けていくことになると予想しています。現時点で既に何件か問題になっているようですが。

 最後に、今回はツアーでの参加でした。そのため個人で訪れた場合にはまた違う何かを感じることになると思います。より客観的な視点を持つためにも一度個人で訪れ、次にツアーに参加して感じたものの比較ができたならばもっと深い解釈に結びくと思います。
  

とクリスマス当日の更新でした笑

 

日アジ2年 小松崎欽一


posted by 12こまつざき at 17:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本とアジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。