2013年12月02日

耳をすませば 聖地巡礼

2年平井です。

本日は聖蹟桜ヶ丘にて、映画「耳をすませば」の聖地巡礼FWをしてきました。
僕はこの映画を今まで見たことがなく、FW開催をきっかけに鑑賞しました。
素敵な青春ストーリーです。
いま私たちは携帯を用いていつでもどこでも仮想のつながりをもつことができますが、
現実でのつながりがメインのこの時代も面白いなあ、いいなあ、と思いました。
みたことある人がほとんどだと思うので、今日の感想を。

まず駅を降りてすぐに地球屋のモニュメントがありました。
ここでまず、「耳をすませば」の舞台にきた、という満足感を得ました。
先輩方の感想にもあるとおり、あまり巡礼者は歓迎されているようにはみえなかったので、
感動という点では着いたときが一番だったかもしれません。
そこから、桜ヶ丘商店街連合会が作成しているモデル地案内マップに沿って歩きました。
僕は少し遅刻していったのでひとりで歩きました。
雫が登った坂とか、階段とか、神社とか、いろいろ見落としました。

おかげで、鷲宮でみたような「ここが聖地!」といった雰囲気が全くないことに気づきました。
看板だったり、そういった観光客に気づかせる装置がないので、
ここはやはり住宅地なのだ、と強く認識しました。
街全体でコンテンツツーリズムを盛り上げているわけではないのだなと。
コンテンツツーリズムを街のメインカルチャーにするか、サブカルチャーにとどめておくのかという問題は、そのコンテンツにもよるのかもしれないな、と思いました。

今回、衛のガイドが素晴らしかったので楽しめました。
お疲れ様でした。





posted by 12平井 at 02:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。