2013年09月17日

2013インドネシア合宿☆

拓が全体のことを振り返ってくれているので、
私は「ジャカルタ日本祭り」と「ホームスティ」に絞って書きたいと思います。

忘れないうちに…

まず、9/8に参加した「ジャカルタ日本祭り」について☆
この祭りはインドネシアと日本の友好行事の一環で2008年から行われているそうです。
日本の屋台のように、かき氷・うどん・たこ焼きなどを売っているブースがあるかと思えば、メインステージではソーラン節を踊っていたり、のど自慢をやっていたり…インドネシアからみた「日本」を客観的にみることができました。

なかでも皆の記憶に焼き付いているであろう、インドネシア人のコスプレ!
私も含め多くのゼミ生が「日本人全員がコスプレしてるわけじゃないぞ……」と感じたと思いますが、翌日のインドネシア大学での交流において私が頼ったのは、アイドルやアニメの話題。というか…ひな祭りとかお盆についても質問されたんですけど、あんまり答えられず…。今までいかにサブカルチャーに頼って交流してきたのかが浮き彫りになりました。これなら「日本=アニメ」と思われても仕方ないのかな〜。もっと日本のこと勉強しなきゃですね!

ちなみに本物の日本人だーかわいいーってことで大撮影会が行われ…
IMG_1312.JPG

(この人だかりの中にももちしおちかはるぴんがいます笑)

IMG_1316.JPG

(ももちにいたっては差し入れまでもらってました♪笑)

そして9/11-12にわたって行われたプンゲラゴアン村でのホームスティ☆

ペナン同様、町おこし型のホームスティでした。
ペナンと違うのは、各家庭一人ずつの派遣ということ……少し心細かったです。
ちなみに風呂はなく、桶です。ゼミ生なら幾度となく越えなければならない壁ですね。

英語が通じる家庭とそうでない家庭がありましたが、
高校では日本語と英語を必修でやるらしく、高校生のいた私のステイ先では比較的コミュニケーションがとれました。

IMG_1399.JPG

農家だったので、豚にえさをやったり牛の散歩をしたりしてました。

今回の滞在で考えたのは、
「町おこし型のステイでは、ゲストはどのように思われているか」ということです。

滞在中何度も「You have big money」と言われました。最初は否定していましたが、私の持ち物一つ一つを「Berapa?(いくら?)」「何ルピア?」と質問され、その都度「mahal(高い)」といわれるので、最終的に肯定せざるを得なかったです。もちろん交流の一環で質問してくれたのだと思いますが、もしかして彼らにとって私は「あんたはお金持ち、俺たちとは違う」という意図だったら思うと、なんだか複雑です。でもどういう意図だったんだろう、「言葉はなくても心は通じる」なんていうけど、やっぱり言葉はできた方がいいです。

また、ペナンの時は夜中12時を過ぎても外で遊びまわっていましたが、今回は9時就寝翌5時起床だったので、彼らの日常からあまり逸脱してはいなかったと思います。「もてなされた」という実感はありません。(悪い意味で無く!でもご飯は私だけ豪華でした)

そうしたことも含めて「町おこし型のステイとはどうあるべきか?」「ホストはどう振舞うべきか?」ということをもう一度考えたら面白いかな〜と思いました。私はボランティア型のホームスティを経験してないのでホームスティ3連覇してるしもと甲大の意見が聞きたい(^◇^)

長くなりましたが、これで4年生にとっての海外合宿は最後です。
3度もこんなに素晴らしい経験をさせてくださった舛谷先生、本当にありがとうございました。
お金数えられない4年生でごめんなさい笑

IMG_1304.JPG


4年 山田晴子



posted by 10やまだ at 01:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。