2013年07月05日

屋形船FW

私は、屋形船に今まで乗ったことが無かった。
今回は舛谷ゼミ恒例行事ということで非常に楽しみにしていた。

粋をテーマに考えてみるということなので、私が思う粋について記述しようと思う。
粋というコトバを聞くと、私は和を連想する。

実際に今回の屋形船は畳のお座敷で、円卓、座布団と[the japanese style]を感じる内装で、久しぶりに和を感じた。


日常生活のなかで、ところどころで和のテイストを感じても、様々な雑事に流され、記憶には残らない。

屋形船にいく ということで、私たちのこころには和を受け入れる
心構えができていたのかもしれない。
粋を味わうには、事前の用意が必要なのかもしれない、と感じた。


今回の屋形船では、先輩方はほとんどはじめてだったけど
、この2時間で舛谷ゼミの雰囲気を知れてよかったと思う。


posted by 12平井 at 22:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。