2013年06月27日

6/22 日吉防空壕FW


慶應義塾大学、日吉キャンパスに隣接する防空壕でFWを行った。
僕は、防空壕というものに対し、間に合わせで造られた雑なもの、ただ一瞬の避難のために造られた穴蔵というようなイメージを持っていた。たとえば小学校の国語で習った「ちいちゃんのかげおくり」に登場するようなものである。
しかし、この日吉防空壕は、僕のイメージとまるで正反対のようなものであった。
入口を下るとすぐ、構造を教えてくれる壁があった。意図的なのかはわからないそうだが、壁が一部破壊されていて、レンガをむき出しにしている。レンガの厚さは40センチほどあり、「地下」の防空壕という存在を実感させられた。
また、防空壕は風がひんやりとしていて、とても快適であった。むしろ、終盤は寒ささえ感じた。
防空壕には暗号室、地上との連絡階段、食料室、通信室などがあった。
当時はこの場所で戦争の指令がだされていたそうだ。
いま僕が立っている場所で、当時たくさんの人の命を動かしていたのだと思うと、なんともやりきれない想いになった。
いま僕は大学で興味関心のある分野を勉強させていただいている。
戦争当時、日吉にも僕たちと同じ学生が勉学に励んでいた。
日本の戦況が悪化し学徒出陣となり、志半ばに亡くなった方々もたくさんいるのだろう。
経験したことのない戦争というものを、知ることをきっかけに様々な思考をめぐらすことができた。
先生経験者が減っていくなか、リアリティをもって戦争を伝えるのは、場所やものであると強く感じた。
「負の遺産」をどのように理解することが正しいのか考える良い機会となった。


posted by 12平井 at 14:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本とアジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。