2013年06月16日

えきぽFW@福生

拓です!!
観光まちづくりFWについて報告します(^^)
今回はJR東日本のキャンペーン「えきぽ〜駅から歩くウォークラリー」を東京都福生市で行いました。
福生駅に集合しえきぽアプリをダウンロードしていざ出発。
まずは福生市の観光案内所「くるみる福生」を訪れ、立教大学観光学部の名前を振りかざし、強引にもお話を聞くことに成功。
福生市の観光スポットだけでなく街の歴史、観光案内所の仕事について、福生市の観光事業の今後の展望など興味深い話をたくさん聞くことができ興味深かったです。観光地化があまり進んでいない街の観光案内所だからこそ聞けたお話でした。

次に清岩院を訪れましたがここでも住職さんに説明を聞くことができました。お寺に眠る秘宝のお話と玉川上水の歴史のお話が印象的でした。
続いて訪れたのが田村酒造場、ここは清岩院の住職さんが教えてくれた通り本当に玉川上水から水を引いていたようで、用水路がありました。さすがこの町の大地主の家だけあり、見事な庭園でした。
玉川上水を横切り、福生駅を北へ。大多摩ハムのレストランで昼食、どうやら人気のお店のようで満席。予約しておいてよかったです。ハムとドイツビールが最高でした。
ここではえきぽアプリを使うことでワンドリンクサービスしてもらいました。
さらに北へ進み国道16号線へ。
ここは先ほどの玉川上水のイメージからは程遠く、アメリカがありました。異国情緒漂う街並みで福生市もこの風景を福生10景としてPR。観光資源として友好的な関係を保てているのかと思いきや、通り沿いの公園では横田基地反対の集会のようなものが行われていて、なかなかうまくはいかないものだと感じました。この16号線沿いは訪れるには良いですが、騒音問題などがあり、住むには向かないのかもしれませんね。
ブルーシールアイスを食べました。支払いは米ドルですww

福生の街には玉川上水と米軍基地という二面性があり、街歩きとしては一石二鳥です。地域の人達のお話も聞けて勉強になりました。えきぽのアプリに関してはARよりも実用性はある気がします。観光地ではないところを観光するには使えると思います。他のコースも今後いけたらいいですね。

観光まちづくり3年
近藤 拓


posted by masutanis at 17:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。