2013年05月12日

2年 5月4,5日国内合宿

 私は今回の国内ゼミ合宿で、文化に対する様々な考え方を新たに知ることができました。みんな基本は観光についてのテーマなのに、地域振興・アイデンティティー・文化変容・経済発展・そして私のテーマでもある航空といったように、多くのジャンル・視点があることを改めて知ることができました。しかもそれぞれが少なからず今まで今回の発表までに日常的に、興味を持って調べており、各自の発表を通してそれぞれの自分の知りたいことが伝わってきて、とても刺激のある合宿だったと思います。
 私自身、実際の情報よりも自分の経験やそれを通しての考えを強く主張した形の発表になったと感じています。以前このゼミを希望するにあたっての選考書類にも書いたのと同じように自分の考え方を頑固に、少し偏ってしまっていた部分もあったのではないかと気づくことができたのに加え、田中さんや大戸さんの航空に関する発表を通して新たな見方考え方を知ることができました。少なくとも今までよりもより柔軟な考えを持てるようになったと思います。(例えば、今まではLCCのサービスよりも従来型のいわゆる普通の飛行機のサービスの方が優れている・素晴らしいというように考えが偏っていました。しかし、すべての人がこの従来型のサービスを求めているとは限らず、何が一番なのかの判断基準は個人によること、又何が一番良いサービスなのかは日本人向けの場合と外国人向けの場合で異なってくるということを改めて考えさせられました。)
 又先生方のアドバイスから、この大学生の間に図書館をもっと利用して、オンラインデータベースを活用するなどして多くの論文に触れようと思いました。あるいは元舛谷ゼミゼミ生の先輩方や藤田先生、柳川先生にもお話を伺いたいと考えています。

2年 田村優依


posted by masutanis at 21:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。