2013年05月10日

秋葉原フィールド、テーマ発表

秋葉原フィールドワーク
今回の秋葉原フィールドワークをとうしてアニメグッズからよくわからない機械の部品の専門店まで秋葉原という街をいろいろな角度からみることができた。その中で特に印象に残った場所は細かい部品の専門店がたくさんはいったビルだ。現在、電子機器につよいのは若者だと思っていたがそこにはお年寄りも多くいて店員と話し込んだいたのをみて驚いた。店員も年配の人が多く秋葉原という場所は若者だけの街ではなかった。またそこには女子高生なども来たりするらしく、自分のもっていた秋葉原のイメージは全く別のものになった。

卒業論文テーマ発表
卒業論文のテーマというのはまだ自分の中で整っておらず、今回はとても大雑把なかたちになってしまった。他のメンバーの意見を聴くと、とても具体的な内容で研究テーマがはっきり決まっている人が多かった。そのような人たちはもう実際に研究テーマである国などに行ったことがある人が多く、基礎知識も十分にしらべてあるように思えた。なので研究テーマである国に訪れて実際に目で見てみることで自分がやりたいことがみえてくるのではないかと思った。次の発表までにもっと理解を深め、自分のテーマをはっきりさせなけければならない。

大橋衛


posted by masutanis at 14:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。