2013年04月15日

ブルネイホームステイ

ブルネイに着いたときの印象はすごく綺麗であるということ。東南アジアのイメージって、がやがやしていて汚くて人がいっぱいいて、信号守らなくて、道がぼこぼこしていて…みたいな。他の東南アジアはベトナムしか行ったことないので、比べるのがベトナムだけだけれど、とりあえず、とても綺麗な国でした。


ブルネイでの滞在は1週間ホームステイだったので、言葉の問題もあるし、イスラム教のこととかも詳しくは知らなかったのでとても緊張していましたが、とても親しみやすいホストファミリーだったのでとてもよかったです。



ブルネイは電車もないし、バスもタクシーもほとんどないので移動は車でした。1日のほとんどを車で過ごしているくらい乗っていました。ホストファザーは車に乗っているとすれ違う車や追い抜かしていく車に乗っている人にしょっちゅう手を挙げて挨拶をしていました。みんな彼の友達らしいです。ブルネイ人の車に乗ってる時間がそれくらい多くて道も少ないから合う確率が高いのかなと思いました。出掛けてるときに知り合いに会うなんて日本ではそうあることではないので、なんか面白いなと思いました。



ホームステイならではの経験といえば家族のことですが、ブルネイの人ほんと家族仲いいなと思いました。日本より平均的な家族人数も多い感じがした。あとホストファミリーは毎週金曜ジュマのあとに親戚が家に集まってお昼を食べていました。私の日本の家ではお正月とお盆の時しか親戚は集まらないので(仲が悪いわけではないけれど)、すごく羨ましいし、それだけ頻繁に会っていれば仲も良くなるだろうなと思いました。
イスラム教ってもっとかたいイメージでもっと厳しい生活を送っているのかと勝手に思っていたけれど(こういう思い込み良くないですね。笑)、ぜんぜんそんなことはなくて、食事とお祈りと服装以外そんな変わったことはなかったです。
でもあとから聞いた話だとマレーシアよりブルネイの方がイスラム教の戒律が厳しいらしいですね。金曜日がお休みってこと以外は私にはあまり感じられなかったけれど。



それから食事が5食って聞いてたのですが、それは盛りすぎでした。実際は、私の家族の場合4食でした。
朝ごはん、昼ごはん、ハイティー、夜ごはん。みたいな。ハイティーは、お茶と軽食で、夜ご飯の2,3時間前に食べる感じでした。
ブルネイの食事、私は大好きでした。ブルネイの食事というか、ホストおばあちゃんのごはんが最高においしかったです!料理上手!



自分の経験もそうだけれど、あとから他のゼミ生にホームステイ先の話とか聞くのはとても面白かった。それぞれの家庭で日本とは違う文化を目の当たりにしていて、当たり前だけど、家庭ごとに生活の仕方がいろいろ違くて。だから「ブルネイの人はこうだ」とかいうようなことは今回のホームステイだけじゃ何も言えないけれど、ウィキペディアには書いていない生きた生活を見て、知って、本当ブルネイホームステイに行く機会に恵まれたことを嬉しく思いました。



3年 細谷


posted by masutanis at 14:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。