2013年04月15日

ブンブン

今回のマレーシア滞在スケジュールにおいてとりわけ存在感を放っていたのが「ジャングル合宿」という過激なネーミングでした。

行ったのはタマンヌガラ、有名な旅番組(?)「水曜どうでしょう」のロケ地になったことのある場所です。
しかも2回!
大泉洋がこれでもかというほど苦しんでいました。

何にかと言うと。

まずタマンヌガラへのアクセスです。クアラルンプールからバスとボートを乗り継いで数時間かけて行くのですが、乗り心地があまり良くないです。

そしてどうでしょう一行が宿泊したのがブンブン(動物観察小屋)でしたが、その過酷さは「ブンブンの刑」と言わしめるほど。

私たちの泊まるホテルからブンブンまで徒歩で行けると聞いていたので、好奇というか怖いもの見たさというかとにかくどこか楽しみにしていました。

が、実際に訪れたブンブンはどうでしょうに出てきたのとは違い、宿泊が出来ないタイプで、ただ聳える足場といった印象でした。
どうでしょうタイプのブンブンまでは12kmあるとのことで断念。

しかしどうでしょうのロケ地というのは置いておき、ブンブンはあくまで動物観察のためのもの。
昼にそのブンブンに行ったときには特に何も見つけられませんでした。
ナイトウォークで行ったときは全員で明かりを消し、完全な暗闇で耳を澄ませてジャングルの音を聞きました。
結局何も観察していません。


まあ動物といえば、リゾート内にはたくさんの野生動物がいました。
猿、鹿、猪、リス、バク(餌付けされていたので野生ではない…?)、などなど。

ホテルやレストランのすぐ近くにごく自然にそういった動物がいて、それも観光客のために無理にいるわけではないのが良いと思いました。

ナイトウォークではあらゆる生き物を見ましたが誰かがすでに書いていた気がするので割愛。

大雑把に、高野でした。




posted by 11たかの at 01:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。