2012年09月23日

9/10-13 屋久島エコツアー

こんにちは、2年の高野です。
2年合宿は屋久島でした!

屋久島というと世界遺産の縄文杉のイメージばかりが強かったです。
しかし他にもヤクスギランドや白谷雲水峡(もののけの森)といった場所でハイキングをできたり、沢遊びや山登りをできたり、また季節によってはウミガメがいたりと、縄文杉以外にも豊富な観光資源があることを知る機会となりました。

3日目に噂の縄文杉を見に行きました!

私の感想はずばり「こんなものか」でした。
というのは、縄文杉そのものではなく全道程を踏まえてです。

トロッコ道と雨まじりの山道を5時間ひたひた進み、デッキから杉を見て写真を撮り、では頑張って引き返しましょうという淡白な流れでした。
混雑するシーズンにはデッキに係員が待機して写真を撮る人々を流すため、立ち止まって満足いくまで見ることもままならないと聞きました。

ずば抜けて立派な縄文杉が昂然と聳えている様に感動したことは間違いないですが、それに対して往復10時間の移動というのはコストパフォーマンスが悪いというか、皆そこまで縄文杉を見たいのだろうかと釈然としない感がありました。

縄文杉は世界遺産に登録されてから観光客が激増したために木に近付けないようなデッキが設けられたり、道の劣化やごみ処理といった問題が発生したりしているそうです。
世界遺産登録前と後の観光客の推移を見ると、世界遺産というブランド力が独り歩きしているだけで縄文杉自体の価値が観光客の目に入っていないのではという疑問を持ちます。


夜研修時にYNACの方からお話を伺いました。
YNACとは屋久島のエコツアーを企画したりガイドしたりしている組織です。
お話によると、縄文杉以外の観光資源(前述)を強く推しているようです。
本当の屋久島とはどのようなものか知ってほしいというメッセージを強く感じました。

縄文杉はもちろん素敵ですが、屋久島に行くなら滞在日程を少なくとも3,4日はとって色々な場所をじっくりを巡るのが良いですね。

ちなみに私はダムが好きなので島唯一の荒川ダムのダム湖を見たかったですよ〜残念!

高野衣子





posted by 11たかの at 11:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。