2012年05月30日

5/24 旅の図書館、そして日本橋見学

5/24(木)、トラベルライティングの企画に潜らせて頂きました。

今回の目的は、
・『旅の図書館』にて機内誌を閲覧し、情報を手に入れる
です。

それに加えてせっかく東京駅付近にいるわけだから
・先生おすすめのランチ堪能
・重要文化財に指定された、『日本橋高島屋』の見学
というルートで回らせて頂きました。

10時に東京駅集合で、今回のフィールドワーク開始です。


@旅の図書館
観光学部で学んだなら1度は聞いた事があるであろう旅の図書館。
東京駅より徒歩2分のビル地下にある小規模な図書館でした。

まだ日本人にとって海外旅行が身近でなかった時代より、旅の情報に特化した資料が納められていたそうです。
・『るるぶ』等の観光ガイド
・"観光"についての学術的な書物
・都道府県別に分けられた国内の観光について書かれた諸本
・国別に分けられた海外旅行用の雑学本,旅行本
・全国の祭について
・自転車の旅について
・鉄道の旅について
・旅の魅力について
・各航空会社、輸送会社の機内誌
・アウトドア活動について
・旅について書かれた様々な月刊誌

など、"旅"に関連するものであればバックナンバーも含めあらゆる図書が貯蔵されていました。

私は機内誌の調査ではなく気の赴くままにただ自分の読みたいと思う本を読んでいたのですが、
その資料,情報の多さに大興奮の連続であり2時間の滞在はノートに気付きを書いているだけであっという間に終わってしまいました。

また1人ででも来ます。
観光学部生はカリキュラムとして1年次に行くべきであるとさえ思いました。(私はそうしたかったです



A有名洋食屋『たいめいけん』
昭和6年創業の老舗洋食屋です。
先生がオススメして下さっていたので皆で向かいました。

画像が無くてすみません
高くて美味しかったです
こう書いてみると伝えるためにはやはり画像の力は大きいなとひしひしと感じます

http://www.taimeiken.co.jp/

向かいに『ますたにラーメン』というラーメン屋がありました
それを窓越しに見ながら洋食屋であるはずのたいめいけんで普通のラーメンを注文する後輩ひとしの姿がとても印象的でした

レシピ本が売られていました
これであなたも昭和6年創業の老舗洋食屋に
http://www.amazon.co.jp/%E6%B4%8B%E9%A3%9F%E3%82%84-%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%81%E3%81%84%E3%81%91%E3%82%93-%E8%8C%82%E5%87%BA%E6%9C%A8-%E6%B5%A9%E5%8F%B8/dp/4924737712/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1338181256&sr=8-1


B日本橋 高島屋

…今これを記しながらものすごく心に思っている事があります。
私の記事ですが、後にゼミブログで紹介する意識が欠けていたため画像や資料が少なく申し訳ないです、以後気をつけます
なんだか自分の伝達力の低さに萎えてしまいます
しかしこの萎えもまた書いてみた事ではじめて知ることのできた大学生活の貴重な学びですね(誰)



そんなわけで高島屋見学です。
重要文化財に指定された事もあり係の方が外観・内観を説明と共に案内して下さいます
今回は立教のOBの先輩が案内をして下さいました、ありがとうございました。

…そして後に伝えるための資料を全く用意していなかった自分を反省します。

上記の内容でこういった結論をつける事はどうかとも思うのですが、
非常に充実した時間でした。幹事のはるぴんありがとう('∀,)

やはり『旅の図書館』が自分にとってものすごく惹かれるものでした。
百聞は一見に如かず。
自分では動きだすことに限界のある自分に、新しい世界を見せて頂いたゼミに今回も感謝です

IMGP0066.JPG

4年 えんけい


posted by 09えんどう at 12:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。