2011年09月29日

シンガポール・マレーシア 海外合宿

舛谷ゼミ、初の海外合宿はとても充実していました!
アジアに旅するのは私自身初。
行く前はとにかく食べ物が心配で心配で、マレーシアとかあまり知らなかったので、どんな食べ物が出てくるのかドキドキでした。
シンガポール出る前に非常食としてパンなんて買ってみたり。

ところが。

全然おいしい。
ホームステイ先ではおいしい家庭料理をちょうど良い量出してくださって。
トムヤムクン、おいしい。
どこか偏見を持っていた自分、反省しました。

海外合宿、色々ありすぎて書ききれないのでホームステイ先について書きます。

私は育たんと一緒にイスラム教徒のAni家へ。

イスラム教のお家にホームステイするなんて、舛谷ゼミじゃなかったら、ありえないですよね。
異文化すぎて、驚きと困惑の連発。w
お風呂はお水で入る。
必ずお風呂で歯を磨く。
朝と夜、2回はシャワー浴びる。
お風呂行くまでに、部屋で全部脱いでから、タオルなど巻いてお風呂へ行く。
お風呂の中には必ず虫さんがいらっしゃる。
トイレには紙が無い。
食事は家族と一緒に食べない。育と二人。
カレーは手で食べる。
食べたあとは口を洗う。 etc
異文化の中で暮らすってすごく気をつかいますね。

1日目、家族はすごく良い人でしたが、生活に順応できず結構つらかったです…
英語もなぜか通じなかったり。
でも馬に乗せてくれたり、海岸案内してくれたり、ナイトマーケット連れて行ってくれたりともてなして頂きました☆
馬にのれたことは本当にハッピーです。

2日目の朝、ゼミのみんなと再会したときは嬉しくて嬉しくて。w
みんなマシンガントーク。
シャングリラみたときは、トイレとお風呂がうらやましくて、同じ市内でもここまで違うのかと思いました。
トイレ一つだけでもホームステイ先に持って帰りたかったところです、本当に。

でも家に帰ってから気づいたのは、1日しか生活していないのに意外とマレーシアに慣れていたこと。
人の順応性ってすごいと思いました。
トイレの紙がないことには我慢出来ずに、コンビに?で育と調達してしまいましたがw


日本出発する前は不安しかなかったマレーシアでしたが、2日過ごしただけでも自分が成長できた気がします。
一皮向けた感じです。

実質13〜16日の4日間の行程は、本当に怒涛で疲れ果てましたが、異文化に触れ、シンガポール期間も含めここには書ききれないほどの貴重な体験をさせて頂きありがたかったです。

学生との学生交流や、ホームステイで何より感じたことは、旅行(旅)の醍醐味は人との出会いですね!!
これからface book頑張って、今回の出会いを大切にしていきたいです。
貴重な体験、ありがとうございました!

塩脇千佳


posted by masutanis at 09:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。