2011年09月27日

ゼミ合宿2011 singapore&malaysia


12/09/2011〜17/09/2011

まず、この合宿を通して感じたこと
文化の違い!
自分の適応(順応?)能力!笑

日本、シンガポール、マレーシア。同じアジアとして括られてはいますが、文化の違いというものに改めて気づかされました。衣食住全てに。
初めは、宗教の違いが関係してるのだと思っていました。もちろんそれもあると思いますが、冷静に考えると日本が欧米化しすぎたのではないかという考えもでてきました。実際、ヨーロッパを2カ国訪問しましたが、「違い」という顕著なものは感じませんでした。
では、欧米化した日本の暮らしに慣れきっていた私はどんな違いに驚いたかと言いますと…
お風呂とトイレですね、ホームステイ先での。
ティッシュがなく、横には水の入った桶…いろいろな想像はしましたが、結局のところ桶をどのように使うのかは分かりませんでした(´・_・`)
お風呂はシャワーがなく、ということはお湯が出るわけもなく、桶に溜まっている水をバケツで汲んでシャンプーするという冷たすぎて震えながらのバスタイムでした( ; ; )
とにかくその二つのショックが大きくて私にこの暮らしはできない一刻も早く帰りたいと思っていました。
しかしもっとショックを受けたのはその翌日、
なんと、トイレにもお風呂にも慣れてしまった自分がいたのでした。
あ、私意外と生きていけるかも
そう感じた瞬間でした。
食事もすべて美味しかったし、家族や村の人達はみんなが親切でした
人の温かさに触れる、旅行ではできないホームステイならではの体験をさせていただきました。(^ ^)

そして合宿のタイトルでもある旧海峡植民地についてひとこと
ヨーロッパや日本の植民地として、さまざまな交易の場として利用されきた土地であるため、さまざまな国の文化が混交していました。
USMでの教授もおっしゃっていたように、文化が混ざっているため一体誰の文化なのか、ということが問題になっています。しかしながら、私はコロニアル時代の宗主国の建造物や民族ごとのtownが残っていて、ひとつの国へ訪問するだけで、いろんな国の時代じだいの歴史を感じることができるという点に魅力を感じました。

シンガポールではマーライオンが見れてよかったです\(^o^)/
チビマーライオン可愛かった!

リンギいっぱい余ってるし、また行きたい!シャングリラに泊まりたい!

玉田 育


posted by masutanis at 03:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。