2011年06月19日

国内合宿2011

2011年6月11日―12日に秋葉原フィールドワークと国内合宿に参加しました。

こんなに早く合宿があるとは思っていなかったので、合宿前に馬鹿みたいにバイトを入れてしまっていて・・・資料が出来上がるのが先か、自分の体が滅びるのが先か、という状況の中での準備でした。ゼミ説明会で「このゼミ体力つくよ」と仰っていた先輩の言葉の意味が少しわかった気がします…。

初めて訪れた秋葉原では「どこも狭い」という印象を受けました。店内にも所せましと商品が並べられていて(私には何が何だかよくわからなかったけれど)この世界の人はその中からお宝を見つけ出すのが楽しいんだろうなと思いました。

また、秋葉原がかつて青果市場だったいうことは知りませんでした。その名残のある古い街並みと、パソコンなど時代の最先端の物が立ち並ぶ通りがこんなに近くに共存して成り立っているなんて不思議だと思います。

それから・・・ディナーの時に中華料理屋さんで、先生が中国語をペラペラ話しているのを聞いてとてもびっくりしました。私なんか去年一年かけてスッとでてくるの「対」と「星期二和星期五」くらいです・・・。もう一度しっかり勉強しようと思いました。

***

今回の合宿のメインである「研究テーマ」の発表では、皆の研究内容以外にも多くの事を学ぶことができました。特に私は、「質問力」の重要さを身にしみて感じました。人の言っていることを素直に受け止めるだけではなくて、常に頭の中で「なぜ?どうして?」と考えながら情報を受け止めていくことは研究を進めていくうえでもポイントになってくると思います。これからは、ゼミや授業に限らず、いろんなことに対して「質問」できるように、自分の知識の幅を広げて、かつ深めていきたいと思います。

最後に☆ 皆キャラが濃いので、今までのほほんと生きてきた自分がこんな中でやっていけるのか不安だったけれど、これからのゼミの活動が楽しみになった2日間でした!

これからもよろしくお願いします(^^)

山田晴子





posted by 10やまだ at 00:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。